「上手くても」「慣れてても」「晴れてても」行うべき! サーキットを流して走る「慣熟走行」が必須なワケ (1/2ページ)

「上手くても」「慣れてても」「晴れてても」行うべき! サーキットを流して走る「慣熟走行」が必須なワケ

全開の前に必ず行いたい「人とクルマの準備運動」

 サーキット走行を安全に楽しむための鉄則と言われているのが、最初の2〜3周は全開せずにゆっくり流す「慣熟走行」だ。じつはアマチュアだけでなく、プロドライバーでも当たり前に実践していることだけど、果たしてどんな意味や目的があるのだろうか? 慣熟走行をする意味とその効果的な方法について見てみよう。SUGOのストレートを走る軽自動車

クルマも人間も少しずつ慣らしていこう

 どんなスポーツにも準備運動は必要だ。それはクルマを使う“モータースポーツ”も同様で、要は道具(クルマ)と身体(ドライバー)を慣らすこと。さらにコースのコンディション確認が主な目的だ。まずは慣熟走行でやるべき、クルマの慣らしについて説明しよう。慣熟走行を準備運動と捉えウォームアップしていく

 知ってのとおり走行を始めた直後は油脂類が冷えており、その状態で全開すると本来の潤滑性能を発揮できず、エンジンなどにダメージを負う危険性がある。なので慣熟走行の間は極端に回転数を上げず、オイルやクーラントが適温になるのを待つ。同じくタイヤも暖まっていない状態では滑りやすく危険だし、ブレーキも適正温度域じゃないと純正より効かないことがあり、慣熟走行をせずに全開するとスピンや事故に繋がるので注意。走行を始めた直後は油脂類が冷えていて最悪のケースではエンジンを壊す危険性がある

 レースで「フォーメーションラップ」という言葉を聞いたことがあるだろうか。いったんグリッドに並んだ後にすべての車両がコースを1周し、マシンを左右に振ったり直線でブレーキをかけたりする周回のことを指す。より短時間ではあるがコレも慣熟走行だ。スーパーGTのオープニングラップ(ツインリンクもてぎ)

 また車両に不具合がないかを確認するのも、慣熟走行の忘れてはいけない目的といえる。何かしらパーツを交換したときやセッティングを変更したときは特に重要で、思いがけない動きをしたりトラブルが起きても、当然ながら低速なら対処できる確率も上がるだろう。車両に不具合がないかを確認することも完熟走行の目的

 そして慣熟走行はドライバーの緊張を解き、正確でスムーズな操作をするためにも有効だ。特に初心者はサーキットという非日常感から、身体が硬くなったり周囲を見渡す余裕がなくなったりするので、心身ともに適度にリラックスさせる意味でも大いに役立つだろう。完熟走行はドライバーの緊張を解くためにも有効

画像ギャラリー