「伝説のラリーカー」16年ぶりの復刻! 「ランチアデルタ HF インテグラーレ 1992モンテカルロ #4」1/18モデル発売開始!【京商】 (1/2ページ)

「伝説のラリーカー」16年ぶりの復刻! 「ランチアデルタ HF インテグラーレ 1992モンテカルロ #4」1/18モデル発売開始!【京商】

16年ぶりにバージョンアップを行い発売へ

 市販車から競技車両まで手広い範囲をモデル化している模型メーカーの京商。同社オリジナルブランドから1/18スケール「ランチア・デルタHFインテグラーレ1992モンテカルロ#4仕様」が明日発売される。

 ランチアといえばWRC(モータースポーツ)とは切っても切れない関係だ。実際、1963年にデビューしたフルヴィアをはじめ、ストラトス、ラリー(037)といった名車たちが数々の歴史を刻んできた。

【関連記事】R33GT-Rはなぜ不人気だったのか?「偉大すぎた初代」のせいで泣かず飛ばずの「2代目スポーツカー」3選+α

当時のランチアのワークスマシン画像はこちら

 今回、モデル化されたデルタもまたその1台。当時、テレビで放映されていたこともあり、マルティニカラーのボディが懐かしい方も多いのではないだろうか。同車は世界ラリー選手権のグループAカテゴリーで1987年から1992年まで6年連続でマニファクチャラーチャンピオンシップを制覇。デルタだけで前人未踏の45勝を遂げたのだ。1991年に登場したランチアデルタHFインテグラーレのラリーカー画像はこちら

細かいディテールアップで実車に近づいた完成度

 京商では1992年に出場したゼッケン4番、ディディエ・オリオール/バナード・オッチェリ組が駆るモンテカルロ仕様を再現。モデルに関して言えば、新規金型ではなく、2004年に発売されたミニカーを16年ぶりにバージョンアップしての発売となったのだ。ディディエ・オリオール/バナード・オッチェリ組が駆るランチア・デルタのモンテカルロ仕様を再現画像はこちら

 その理由を広報に尋ねると「当時のランチアからの資料が少なかったこともあり、10年前の写真資料では再現できていなかった部分がありました。本商品に関しては再調査を行い、新たにわかったディテールを再現しモデル化をしました」とのことだ。

2004年に京商がモデル化したデルタのラリー仕様
画像はこちら 画像は2004年にモデル化されたデルタのラリー仕様

 その主な変更点は、フロントの4連ライトポッドカバーにはつや消しブラックの塗装を追加したこと。そのライトポッドに目を凝らしてみると、以前のモデルではホワイトだったベースがシルバーに変更されたことでメタル感が強調されている。

 また、ルーフのアンテナがシルバーからブラックへと変更がなされているほか、リアサイドウインドウにはドライバー情報が書かれたステッカーなども細かく演出されている。さらにワークスマシンには、リアウインドウの熱線もないことが発覚し、今回はクリアになっている。マッドフラップもつや消しであることがわかり、以前のモデルから変更されている他、シートにはスパルコとドライバー名が追記されている。京商製ランチア・デルタのモンテカルロ仕様のリア周りの作り込み画像はこちら

 改良までのモデル同様にルーフエアベンチレーターやアンダーカバー、ボンネットピン、ホイールベンチレーターなどに変更はなく、資料を参考に京商らしい高いクオリティで再現がなされている。さらに付け加えると、ボディー全体にクリア塗装が施されており、実車のような質感となっている。京商製ランチア・デルタのモンテカルロ仕様のフロント周り画像はこちら

画像ギャラリー