1970年代を代表するラリーカーとは 市販車ベースだからこそ手が届きそうな憧れがある (1/2ページ)

1970年代を代表するラリーカーとは 市販車ベースだからこそ手が届きそうな憧れがある

戦いざまの美しさ 2スタイルのラリー車たち

 60年代から70年代にかけて、世界戦のフィールドで勝負にかけた走りを見せ、観衆たちに閃光を放っていた美しいラリーカーがあります。この時代のラリーカーは、大別するとスポーツカー・ルックな2ドアクーペと、ボクシーな4ドアセダンのふたつに分けられます。当時の世界ラリーの競技規則で、参戦できるマシンは市販のロードゴーイングカーをベースにしたグループ2(Gr.2)やGr.4だから当然と言えば当然なのですが、スタイルの明らかに異なる両者が同じ土俵の公道で戦っているのは、閃光ほとばしる戦いそのもの、ラリーの大きな魅力となっていたことは紛れもない事実でしょう。あなたの一押しはどのクルマですか?

【Renault Alpine A110】

軽量なエアロボディでラリーで大活躍 

 ルノーをチューニングしてレースに出ていたジャン・レデールが興したアルピーヌは、モータースポーツに挑戦しながらメーカーとして成長、勢力を拡大してきました。リリースされた多くのスポーツモデルので最大のヒットとなったのがルノー8のコンポーネントを流用したA110でした。最初の市販モデルだったA106(ルノー4CVベース)はミッレ・ミリアなどのレースで活躍していました。

1970年代、ラリー競技車として世界にその美しさを披露した、ルノー・アルピーヌA110、フィアット131 アバルト・ラリー、ランチア・ストラトス、ポルシェ911、フォード・エスコートRS2000

 これに対してA110は、ツール・ド・フランスなどのラリーを主戦場としていました。小排気量エンジンながら軽量なエアロボディを利して60年代から70年代のラリーで大活躍。世界ラリー選手権(WRC)が制定された73年にはジャン-クロード・アンドリューやジャン-リュック・テリエらのドライブにより全13戦中6勝を挙げ、栄えある初代チャンピオンに輝いています。

 外観の特徴は、2灯のドライビングランプを丸型2灯式ヘッドライトの内側=ボンネット先端に埋め込んだフロントビューです。これは68年モデルから採用されていますが、いかにもラリーカー的な雰囲気を醸し出しています。

1970年代、ラリー競技車として世界にその美しさを披露した、ルノー・アルピーヌA110、フィアット131 アバルト・ラリー、ランチア・ストラトス、ポルシェ911、フォード・エスコートRS2000

 後継モデルのA310もラリーに投入されましたが、より豪華なGTカーへとコンセプトを変更していて、それが原因なのか、A110ほどには結果が残っていません。ボンネットを黒く塗ったA110はおそらくサファリ仕様に仕上げた個体。全身ブルーのモデルは一般的なラリー仕様と思われますが詳細は不明。ともに2015年のレトロ・モビルで撮影。後継モデルのA310はフランスのマノワール自動車博物館で撮影したロードゴーイングです。1970年代、ラリー競技車として世界にその美しさを披露した、ルノー・アルピーヌA110、フィアット131 アバルト・ラリー、ランチア・ストラトス、ポルシェ911、フォード・エスコートRS2000

 

【FIAT 131 Abarth Rally】

2ドア・オープンのスポーツカーから4ドアセダンに移行

 フランスにはルノーがあるが、フィアットにはイタリアがある!と形容されたイタリアの大コングロマリットとしても知られるトップメーカーのフィアットも、古くからラリーで活躍していました。

 WRCが始まった当時は2ドア・オープンの124 アバルト・ラリーが主戦マシンで、第7戦のポーランドではアキム・ウォルンボルトが優勝しています。1970年代、ラリー競技車として世界にその美しさを披露した、ルノー・アルピーヌA110、フィアット131 アバルト・ラリー、ランチア・ストラトス、ポルシェ911、フォード・エスコートRS2000

 ただし124 アバルト・ラリーがワークスチームの主戦を務める期間は意外に短く76年には後継の131アバルト・ラリーにその座を譲っています。

 ベースモデルの131は、何の変哲もない4ドアと2ドアのセダンでしたが、アバルトが手掛けたことで美しいラリーマシンに大変身していました。初期の活動では濃紺のボディにルーフとフェンダーラインから下をイエローに塗ったOLIOFIATカラーで参戦していて、それも存在感と迫力は充分でしたが、アリタリア航空のスポンサーカラーに塗られるとより美しさが増してきました。

1970年代、ラリー競技車として世界にその美しさを披露した、ルノー・アルピーヌA110、フィアット131 アバルト・ラリー、ランチア・ストラトス、ポルシェ911、フォード・エスコートRS2000

 そして美しいマシンは速い、を実証。76年にデビューし1000湖ではマルク・アレンのドライブで初優勝を飾ると翌77年にはマニュファクチャラーチャンピオンに輝き78年には連覇。80年には3度目のワールドタイトルを獲得するとともに78年にはマルク・アレンが、80年にはワルター・ロールがドライバーチャンピオンに輝いています。ただし78年のタイトルはFIAカップで、アレンは後に引退するまでワールドタイトルとは無縁でした。1970年代、ラリー競技車として世界にその美しさを披露した、ルノー・アルピーヌA110、フィアット131 アバルト・ラリー、ランチア・ストラトス、ポルシェ911、フォード・エスコートRS2000

 ボンネットの黒い124はイタリア北部のルイジ・ボンファンティ-フィマール自動車博物館で。アリタリアカラーとOLIOFIATカラーの131は、ベルギーはアントワープ近郊のアバルト・ワークス・ミュージアムで撮影。

 


画像ギャラリー