タイプRとのニュルFF車最速バトルはすでに伝説! ホンダを本気にさせた「ルノー・スポール」って何もの? (1/2ページ)

タイプRとのニュルFF車最速バトルはすでに伝説! ホンダを本気にさせた「ルノー・スポール」って何もの?

FF最速を狙ってシビックタイプRにも軽量バージョンが登場

 新型コロナウイルスの影響により、商品改良版の発売が延期されていた「FF世界最速」の量産モデル、ホンダ・シビックタイプRの発売が2020年10月予定と発表されました。

 開口部を広げ、冷却性能を上げる新意匠のフロントグリル、サーキットの連続走行でも安定した性能を発揮するフローティングタイプのブレーキディスク、シフト操作しやすさにこだわったティアドロップ形状のシフトノブなどを新設定。2020年10月に発売予定のホンダシビックタイプRリミテッドエディション

 さらにBBSと共同開発した20インチ鍛造ホイールなど軽量化にこだわった「リミテッドエディション」を200台限定でリリースするということで、スポーツカーファンから注目されています。なぜ、ホンダがここまでしてシビックタイプRをブラッシュアップするのかといえば、それは強烈なライバルが存在しているからです。2020年10月に発売予定のホンダシビックタイプRリミテッドエディションのリア周り

ルノー「メガーヌR.S.」は2シーター仕様

 ご存知でしょうか、それがルノー・メガーヌR.S.トロフィーRです。シビックタイプRのライバルとしてニュルブルクリンクだけでなく、鈴鹿サーキットや筑波サーキットでもFF最速を狙ってタイムアタックを行なったメガーヌR.Sの最新バージョンではリアシートを廃し、カーボンボンネットまで奢った2シーター仕様を用意するなど、そのヤル気は本物です。そして、このメガーヌR.S.を仕上げているのが「R.S.」、すなわちルノー・スポールなのです。ニュルブルクリンクFF最速のルノー・メガーヌR.S.トロフィーR

 もともとルノーのモータースポーツ活動というのは、ゴルディーニやアルピーヌといったプライベートチューナーが担っていましたが、1976年にワークスチューナーとして生まれたのがルノー・スポールです。しかしモータースポーツ活動だけを担っていく組織にとどまらず、市販車をチューンナップしたハイパフォーマンスバージョンの開発・生産をするようになっていきます。歴代ルノー・スポールの戦歴

画像ギャラリー