STIの手にかかるとミニバンですら走りが激変! かつて存在した「エクシーガtS」の驚くべき中身 (1/2ページ)

STIの手にかかるとミニバンですら走りが激変! かつて存在した「エクシーガtS」の驚くべき中身

水平対向エンジン搭載の「3列ミニバン」発売は開発陣の悲願だった⁉

 エクシーガは2017年(販売は2018年、SUV仕様のクロスオーバー7を含む)まで発売されていた国内では唯一の水平対向エンジンを搭載する「2+3+2」の3列シート/7人乗りミニバンである(当初はミニバンと呼ばず他人数乗り車と称していた。海外では現在もSUVのアセントが存在)。

【関連記事】三菱の「ラリーアート」ブランド復活第1段! まずは「トライトン」と「パジェロスポーツ」から

スバルの7人乗りミニバン「エクシーガ」の走行シーン画像はこちら

 この7人乗りのミニバンの構想はエクシーガ登場する10年以上前から検討されており、モーターショーではコンセプトカーも数多く出展されたが、浮かんでは消え、消えては浮かぶ感じだった。

ポテンシャルは高かったが、当時の市場ニーズの壁が立ちはだかった

「スバルオーナーの中で子育てや3世帯同居など家庭環境などで3列シートがどうしても必要なユーザー」「ミニバン愛好家の中には走りを諦めたくないオーナー」が一定層いるという判断だったのか、開発陣の悲願であった水平対向エンジン搭載のミニバンは2008年に発売されることになった。
スバル・エクシーガのフロントカット画像はこちら

 スバルの開発陣は、部品をレガシィと約50%共用することで、性能とコストダウンを両立。室内も全シートで十分な視認性と居住性を確保できるシアターシートレイアウト、室内の圧迫感低減のために全高を同時期に発売されていた4代目レガシィよりも130㎜拡大、一般ミニバンユーザーへの訴求を考え、エントリー価格を引き下げるために10年ぶりにFF車設定するなど、ミニバンとしての基本性能を徹底的に磨き上げることで、群雄割拠のマーケットに果敢にチャレンジした。

スバル・エクシーガの内装画像はこちら

 発売当初の自動車雑誌を改めて見返すと、いずれも高評価であったが、正直生まれた時代が悪かった。というのも登場した2008年のミニバンマーケットは、ウイッシュやストリームといったヒンジドアのミニバンがスライドドアミニバンとの戦いに敗れ、すでにシェアが下がっていた時期。敗戦濃厚な戦場に、単独で敵の本陣に突入するような状況では、いくら一騎当千の強者でも劣勢を覆すことは難しく、さらにリーマンショックの追い打ちもあり、発売当初から苦戦が続いた。

画像ギャラリー