「ミラーにフラワーレイ」「シートにバンダナとTシャツ」! 昭和オヤジの「青春カスタム」8選 (1/2ページ)

「ミラーにフラワーレイ」「シートにバンダナとTシャツ」! 昭和オヤジの「青春カスタム」8選

いま取り入れるとオシャレに見えるアイテムも!

 時代とともに変遷するのがトレンドというもので、クルマのドレスアップでも今となってはほぼ見ることがなくなったネタも数多くある。手軽なグッズから人気パーツまで、リアルタイムで実践したユーザーも多いことだろう。昔は当たり前に流行っていた数々のカスタムから、ここでは特に思い出深いものを8つピックアップして紹介しよう。

1)ヘッドレストにバンダナ/シートにTシャツ

 もともとは汚れ防止だったり、汚れた部分の目隠しが目的。当時はアメカジやサーファーブームに乗っかり、おしゃれなデザインTシャツで個性を主張したものだ。その後、車種専用シートカバーの充実や、アレンジ機能の付加された純正シートの増加により、今ではほとんど目にすることもなくなった。ネオレトロなカスタムを実践するなら、今こそ注目のテクかも?かつてはシートにTシャツ、ヘッドレストにバンダナを装着するのが流行っていた画像はこちら

2)エアロミラー

 レーシングカーに憧れた時代、誰もがこぞって空気抵抗の少ないエアロミラーでドレスアップしたものだ。車検に対応するため、折りたたみ構造や接触時に脱落する機構を設けた製品も現れたが、世の中がワゴン~ミニバンブームとなって『小型であること』にこだわらなくなり、ドアミラーウインカーやウェルカムランプなどの付加機能へトレンドが移ってしまった。これからはカメラを応用したデジタルアウターミラーの普及が見込まれるので、あらためてスタイリッシュな小型化がブームになりそうだぞ!エアロミラーは軽量かつ小型で、旧車からレーシングカーまで幅広い車種に装着された画像はこちら

3)置き型スピーカー

 かつてセダンやクーペが主流だった時代、リヤトレイに置かれるスピーカーはドレスアップ要素の高いアイテムだった。有名ブランドのイルミが光るディテールが印象的だったが、保安基準への配慮からブレーキ灯との連動は禁止。さらに安全性への配慮から、視界を確保しやすい埋め込み型へ主力製品が移行していった。ワゴン&ミニバンブームの頃にはリヤスピーカーはドアや壁にマウントされるようになり、時代とともにラインアップは消えようとしている。セダンやクーペが主流だった時代にリヤトレイに置かれるスピーカーがドレスアップ要素を高めた画像はこちら

4)跳ね上げ砲弾型マフラー

 スポーツカーのマフラーといえばコレ! というほどトレンドだったが、厳しくなった騒音規制や排ガス規制の前ではストレート重視の構造的なメリットが実現できず、形状のみのマフラータイプに変遷。さらに純正でもエアロブームが到来したことから、マフラーは出口のみで主張することとなり、サイレンサーは見えないのが当たり前になった。アルファロメオに装着された跳ね上げ式マフラー画像はこちら

画像ギャラリー