「誰でも自由に移動できる」がメルセデス流! 福祉車両まで先進性のカタマリだった (1/3ページ)

「誰でも自由に移動できる」がメルセデス流! 福祉車両まで先進性のカタマリだった

福祉車両事情 ヨーロッパと日本の相違

 福祉車両には車椅子のままで乗り降りできる高齢者や身体の不自由な人に求められる「介護式福祉車両」と手足に障害のある人が運転できるように補助装置を付けた「自操式福祉車両」がある。

 日本の自動車メーカーは、SUVから軽自動車まで、各車種で福祉車両を設定している。一方、ヨーロッパでは一部のメーカーを除いて、純正の福祉車両はあまり見当たらないと言われている。Vクラスにも最先端技術投入の福祉車両がある画像はこちら

 しかし、高度なクルマ社会のヨーロッパでは、身体の不自由な人達が日常的に車を運転し移動している。特にヨーロッパではできる事は自分でやりたいという自立心が強く、自ら運転するタイプの車両、自操式福祉車両が多い印象を受ける。

 メーカー純正の福祉車両が充実している日本とは異なり、ヨーロッパでは自動車メーカーに加え、福祉装置メーカーと福祉車両の架装会社が大きな役割を果たしているのが特徴。自動車メーカーが生産した一般車両をベースに、福祉装置メーカーは装備する機器に加え、乗り降りや運転補助のシステム全体を開発している事が多いと言える。自操式福祉車両のフォローにはヨーロッパならではのものがある画像はこちら

 つまり、ユーザーは福祉車両の架装会社を訪れ、現在乗っている車両の福祉車両化や新規購入したモデルを元に、必要な福祉機能や取り付ける装備等を相談するのが一般的である。このヨーロッパスタイルの優れた点は、自由なモデル選択が挙げられる。自分のライフスタイルに適した車両に、必要最小限の改良と改造で仕上げていく。こうした特性の背景は、いかにも合理性を重んじるヨーロッパの文化だ。これは結果的にコストの節約にも繋がり、特に「好きなモデルに乗りたい」「輸入車に乗りたい」というユーザーにとっては歓迎すべき傾向であると言えるだろう。自操式福祉車両を楽しむオーナー画像はこちら

 日本では主流となる自動車メーカー純正の福祉車両はヨーロッパでは少数派と言われている。

 しかし、独自開発だけでなく、福祉架装会社などが手掛けるモデルも含めて、自動車メーカーから販売される福祉車両は確実に増えている。特に、ドイツのハノーファーで開催される世界最大規模の国際商用車展IAA、同じくドイツのデュッセルドルフで開催される欧州最大の福祉機器展「REHACARE(リハケア)」が注目の的である。つまり、国際リハビリテーション・福祉・介護機器の世界有数の規模を誇るイベントで革新的な機器を紹介し、高齢者や障害者の暮らしを豊かにしてくれる可能性を秘めている。

 何故、ドイツで最大規模の商用車展や福祉機器展が開催されるのかは明白である。ドイツは19世紀後半、当時の宰相ビスマルクが制定した伝統ある充実した社会福祉国家であり、安全で高品質な福祉車両・介護機器・架装メーカーが揃っている。しかも、ドイツにおいても少子高齢化はさらに進み2030年には高齢化率は29%に達すると見込まれており、同年における日本の高齢化率の推計値は31.8%であるから、日本ほど厳しい状況ではないが、それでもドイツが急速な少子高齢化に直面している事には間違いはなく、当然ながら豊かな暮らしをもたらす多様性を推し進めているわけである(推計値はドイツにおける高齢者の生活より参照)。アクセルハンドコントロールユニットのメルセデスVクラスの福祉車両画像はこちら

 さて、日本ではメルセデス・ベンツではVクラスの車椅子をサポートする福祉車両が良く知られているが、ドイツ本国のメルセデス・ベンツではそれ以外のモデルAクラス/GLA、Bクラス、Cクラス/ワゴン、Eクラス/ワゴン、GLC、CLS、Sクラス、マルコポーロにも運転補助装置を揃えている(装備は異なる)。

 ここでは、メルセデス・ベンツ福祉車両のポリシーにスポットを当てその福祉機器を紹介しよう。まずはメルセデス・ベンツの車造りの哲学を理解するとより解り易いだろうと思う。 

画像ギャラリー