モリゾウ選手も参戦! TGRラリーチャレンジ 「富士山すその」にトヨタ・ヤリスが登場 (2/2ページ)

「ラリチャレ」では初のトヨタ・ヤリスが3台もエントリー!

 今回のトピックといえば、このTGRラリチャレにトヨタ・ヤリスが参戦登場したことだ。「#148頑固一徹スポーツCVTヤリス(MXPA10-清水和夫/高波陽二)」、「#149 TeamFスポーツCVTヤリス(MXPA10-山中章弘/小林泰治)」の2台。

 そして「0」カーとして、合計3台のヤリスがラリチャレを初めて走行した。ラリチャレは、細かく車両ごとにクラス分けなされており、アクア、ヴィッツ、86といった車両別のワンメイククラス、排気量1500cc以下のトヨタ車、1501cc以上のトヨタ車といった区分で分けられているが、今回のヤリスは、1500cc以下のトヨタ車(E-3クラス枠)へ組み込まれることとなった。

【関連記事】純正アクセサリーも豊富でまさに安ウマ! ホンダN-VANは外遊びにピッタリな1台だった

#149 TeamFスポーツCVTヤリス(MXPA10-山中章弘/小林泰治画像はこちら 148号車のドライバーとして今回のラリチャレに、モータージャーナリストの清水和夫選手も参戦。清水選手の車両は全日本ラリー選手権に出場するために製作した一台だという。

「今回新しいプラットフォームで、エンジンも3気筒のエンジン。CVTも発進用に時速40kmくらいまでギヤを持っている、トルクコンバータを使ってて、その先はベルト式のCVTにバトンタッチするという新設計のCVTって全部新しい。ヤリスで全日本ラリーに出たくてね、3月に納車になったらすぐにオクヤマガレージにもっていって、24点式ロールバーとかFIA規格のラリー車として仕上げてもらっていた。ロールバーはオーバースペックかもしれないけど、崖から落ちても大丈夫なように、やる以上はしっかり、ね(笑)」。

モータージャーナリストの清水和夫選手画像はこちら 「僕の人生最後のラリー車だから、そういう想いもあって、の一台だったんだけど、今年(新型コロナの影響で)全日本が無くなってしまって『どうしようかな』って思っていたところに、ラリーチャレンジにエントリーの枠があるから、っていうことで今回ヤリスの初陣。シェイクダウンだけはちょっとだけしたけれど、制御もCVTもエンジンもボディもサスも全部新品の状態での今日の走行だったけど、すごく気持ちよく走れたよ。初代ヴィッツの2台が軽くて速かったけれど、このヤリスもそこそこポテンシャルは高いのかな? といったところ。ま、とにかくこれからだね。ヤリスの参戦は今年はもうこれで終了。新型コロナの影響がどうなるかわからないけれど、来年全日本選手権が開催されるのならターマックだけ4~5戦か出たいなと思っていますよ。まだ詰めなきゃいけない細かいところはいっぱいあるんで、その細かいところをこれからどう詰めていくか、だね」というのが、この日の走行を終えた感想であった。TOYOTA GAZOO Racing Rally Challengeで好成績を収めたドライバーたち画像はこちら その清水選手の駆る「#148頑固一徹スポーツCVTヤリス(清水和夫/高波陽二組)」は、トータルタイム15分07秒7という記録で、クラス3位(総合22位)を獲得した。ちなみにもう一台ヤリス「#149 TeamFスポーツCVTヤリス(山中章弘/小林泰治組)」は、16分41秒2でクラス8位という結果であった

画像ギャラリー