「ディスプレイオーディオ」と「パノラミックビューモニター」同時装着不可! アルファード乗りが抱える「意外と深い悩み」をスッキリ解決

「ディスプレイオーディオ」と「パノラミックビューモニター」同時装着不可! アルファード乗りが抱える「意外と深い悩み」をスッキリ解決

この記事をまとめると

■純正ディスプレイオーディオは社外品に比べて画面が小さい
■パノラミックビューモニターが同時装着できない
■専門店での加工で社外品と同時に使用することができる

アルファード&ヴェルファイア乗りは「ディスプレイオーディオ」への不満がいっぱい

 大画面のナビを使い慣れている人にとって、純正ディスプレイオーディオの画面は小さく感じたり、車内のエンターテインメント性を拡充できないなど、思うところはいろいろあるハズだ。特にその不満を抱えているのが、アルファード&ヴェルファイアオーナーではないだろうか。

 というのも、この車種は特に同車種または同セグメントからの乗り換えが多く、それゆえ大画面ナビの装着率が高いため、それに慣れているとディスプレイオーディオの9インチというサイズ感にかなりガッカリするはず。

【関連記事】コロナ禍で入居待ちが続出? クルマが主役の「ガレージアパート」気になる「コスト」と「住みやすさ」

ヴェルファイアに装着した純正ディスプレイオーディオのモニター画像はこちら

ディスプレイオーディオの昨日を生かしたまま移植してアフター製ナビを付ける方法の紹介
画像はこちら ※写真はディスプレイオーディオではないT-Connect SDナビゲーションシステム車に装備されるパノラミックビューモニター

 しかもディスプレイオーディオ車には、車両を真上から見たような映像を表示できる「パノラミックビューモニター」がオプション装着できない。車体が大きく死角となる部分が多い車種だけに「この機能がないと怖くて運転できない……」と嘆いている人も多いようだ。純正でできないなら、アフターパーツで……と言いたいところだが、ディスプレイオーディオは拡張性も低く、後付けのカメラ類を装着することができない。

 加えてアルファード&ヴェルファイアでは必須となるリヤモニターについても残念なポイントが。純正オプション設定こそあるものの(12.1インチで10万4500円+工賃)、基本的にはディスプレイオーディオの画面と別の映像を映し出すことができないのだ……。アルファード&ヴェルファイア用の純正オプションリアモニター画像はこちら

ディスプレイオーディオを移設して大画面ナビを装着という「大技」登場!

 そういったユーザーの不満を解消してくれるメニューを、アルパインスタイルが提案。そのメニュー内容は、ディスプレイオーディオを外し、その場所にアルパイン製「BIG X」を移植するというもの。

 ディスプレイオーディオを取り払ってしまうと、車両の設定ができなくなってしまったり、エラーが出てしまったりする。それを考慮し、ディスプレイオーディオを移設するという手法をとることで、問題なく動作させられることもポイント。「ヘルプネット」などの緊急通報サービスもそのまま使用できるため安心なのだ。

【関連記事】コロナ禍で入居待ちが続出? クルマが主役の「ガレージアパート」気になる「コスト」と「住みやすさ」

ディスプレイオーディオの昨日を生かしたまま移植してアフター製ナビを付ける方法の紹介画像はこちら

 BIG Xは11インチという迫力の画面サイズを誇るナビゲーションシステムで、液晶画面の美しさに定評がある。またスマホを操作するように指で拡大やスクロールができるのが特徴。さらにボイスタッチ機能を使えば、声を発するだけでさまざまな操作が可能になる多機能モデルだ。

 大画面だからナビも便利に使えるし、リヤモニターを設置してフロントモニターと別々の映像を流したり、カメラの充実といった、これまで当たり前にできていた娯楽性&機能性アップの手法を、これなら採り入れられるのがメリットとなる。

「標準コンソール車」はセンターコンソールへ移設できる

 次にその具体的な移設の仕方だが、ガソリン車のスタンダードコンソール車は、純正センターコンソールの前方にアルパイン製コンソールを装着し、その中にディスプレイオーディオを移設する仕組み。ガソリン2.5L車でアルファードX/S/S“TYPE GOLD”、ヴェルファイアX / Z / Z “GOLDEN EYES”に対応。保温冷庫付きのシステムコンソール付き車には対応不可。つまりガソリン車でセンターコンソールとつながっていないスタンダードコンソールに対応するということだ。アルファード&ヴェルファイアのガソリン車・スタンダードコンソール車のフロア画像はこちら

  純正のディスプレイオーディオはアルパイン製のコンソールの内部に移設するのだが、フタができる構造で、通常は便利なトレーとして使える。後付け感なくスマートに仕上げられるのも魅力。ディスプレイオーディオが格納されているコンソール画像はこちら

 恐らくほとんど使わないが、ディスプレイオーディオ画面でしかできない車両の設定を行う場合は、コンソールのフタを開ければ操作が可能。コンソール部分に移植したディスプレイオーディオ画像はこちら

 大型コンソールタイプのS“Cパッケージ” / SC / G / GF 、ヴェルファイア Z”Gエディション” /ZG/ V / VL はコンソールではなく、トランク側面にディスプレイオーディオを移設する仕様となる。先に紹介したスタンダードコンソール車は、センターコンソール部もしくはトランク側面のいずれに移設するかを選ぶことができる。

アル&ヴェルオーナーなら絶対欲しいカメラの後付けや後席モニターの別映像出力が可能に!

 BIG Xにすると純正のディスプレイオーディオに比べて画面が大きく、画質も格段に向上。それ以外にも、純正ディスプレイオーディオではできない、カメラ映像の出力も可能になる。ヴェルファイアにアルパインのフロントカメラを装着画像はこちら

 写真はナビと同じアルパイン製の車種専用「3カメラパッケージ・フロント/サイド/バックカメラ(PKG-SF25-AL-W/PKG-SF25-VE-W)」で、フロントとサイド、バックという3種のカメラをセットにしたもの。フロントは3アングル、リヤは4アングルの切り替えができ、死角をなくすことができる。ヴェルファイアにアルパインのサイドカメラを装着画像はこちら

  また、ドライバーからは死角となってしまう助手席前方(=直前直左)を撮影できるアルパイン製「 コーナーダクト&コーナーカメラ左前(AS-AL2-CDC-BK/AS-VE2-CDC-BK)」も注目。ヘッドライト下に装着する、後付けバンパーフィンにカメラを内蔵したものなのだが、右側用の同デザインフィンが付属されるのもポイントだ。アルパイン製「 コーナーダクト&コーナーカメラ左前(AS-AL2-CDC-BK/AS-VE2-CDC-BK)」の画面画像はこちら

 さらに純正オプションではできないフロントモニターと別動画を流すことも、このシステムなら可能になる。地デジ放送やDVD映像を大いに楽しむこと事ができるのだ。写真の大型モニターは「12.8型リアビジョン・プラズマクラスター搭載(PXH12X-R-AV)」。空気清浄のプラズマクラスター技術も搭載する。アルパインの「PXH12X-R-AV」画像はこちら

新車購入時&車両持ち込みのいずれにも対応

 施工には特別な技術が必要となるため、東京・大阪・福岡にあるアルパインスタイル3店のみ現状受け付け。同店舗では新車購入も可能なため、新車購入時、もしくは車両を店舗に持ち込んでのオーダーができる。

【ディスプレイオーディオ移設ナビパッケージ】
◆センターコンソールタイプ 33万円(部品代)+工賃
◆トランクタイプ 35万円(部品代)+工賃

 

【施工可能店舗】
◆アルパインスタイル横浜246
東京都町田市南つくし野2-30-12
tel:042-850-7282

◆アルパインスタイル福岡R3
福岡県福岡市東区下原1-22-25
tel:092-663-5680

◆アルパインスタイル大阪171
大阪府茨木市上郡1-1-3
tel:072-640-6500

アルパインスタイル大阪171店の内観写真
画像はこちら ※写真はアルパインスタイル大阪171店

画像ギャラリー