「ヤリス」と「GRヤリス」はもはや「別グルマ」! 購入者が語る「スゴイところ」 (1/2ページ)

「ヤリス」と「GRヤリス」はもはや「別グルマ」! 購入者が語る「スゴイところ」

GRヤリスの凄さを実感した

 2020年の東京オートサロンでデビューし、大阪オートメッセで「GRヤリス ラリーコンセプト」を披露、既に納車も始まっているGRヤリスは「よくぞこんなクルマを」と言える凄いクルマである。1.6Lターボ+4WDとなるGRヤリスの「RZハイパフォーマンスファーストエディション」を手にした筆者として、GRヤリスの凄さを解説していこうと思う。

WRC参戦の究極的ベース市販車

 まずはGRヤリスが生まれた理由だが、それは2017年から復帰したトヨタのWRC参戦のため、有利なベース車を持つためである。

【関連記事】安全はケチるな! サーキットを走るなら「ド素人」でもFIA公認ギアを選ぶべき理由

GRヤリス「RZハイパフォーマンスファーストエディション」画像はこちら

 WRCのトップカテゴリーとなるWRカーのベース車の条件は、連続する1年間に2万5000台生産した全長4000mm以下のモデル、つまりコンパクトカーとなっている。だから、これまでの5ドアのヤリスのスポーツモデルがあればそれで構わないと言えば構わないのだった。

 しかしトヨタは、競技においては空力性能を含め有利な、後方へ行くにしたがって下がっていく、ルーフラインを持つ3ドアボディとなるGRヤリスを市販することを決断。何よりも実用という意味では必要性が薄いこんなクルマを市販化したことが凄いのだ。GRヤリス「RZハイパフォーマンス」のリヤビュー画像はこちら

 トヨタは90年代のセリカGT-FOURを最後にスポーツ4WDがなくなっていたこともあり、スバルや三菱自動車のようなノウハウは何も残っておらず、その開発過程は悪戦苦闘の日々だったという。その経験不足はテスト現場で現れた課題に対しすぐに手を加えるという、モータースポーツの現場のような開発体制で補われ、GRヤリスはスタートから約3年という短期間で市販化された。

画像ギャラリー