腕や足のケガでいつもどおり動かせない! 右足や片手が使えればクルマの運転をしてもいいのか? (1/2ページ)

腕や足のケガでいつもどおり動かせない! 右足や片手が使えればクルマの運転をしてもいいのか?

「運転に支障ないから…」という過信は事故のもと

 骨折した時って運転できるの? そんな素朴な疑問を持っている読者も多いのではないだろうか。そこで今回はそんな悩みに関する「あれやこれや」を調べてみることにした。

 身体障がい者がクルマの運転をする場合には、障がいの部位によっては運転の制限が加えられる、または運転免許を取得できない場合がある。ただし障がいを持つ人が運転免許を取る際には適性検査を受けて、AT限定や障がい者をサポートする機器の搭載が求められるケースもある。

【関連記事】パラリンピック・ブラジル代表の愛車は「ビートル」! 手だけで3ペダルMTを操る「福祉旧車」ライフの衝撃

身障者用の運転シミュレーター画像はこちら

 この適性検査は回復が見込めない身体障がいに対して行われるのに対して、骨折などの“一時的なケガ”などの場合、回復までの間に運転を控えれば良いとされている。

必ずしも「違反」になるワケではなさそうだが……

 では、骨折している間にクルマの運転はしても良いのだろうか? 

 骨折している時に運転すると違反になる、という法律はないのだが、そもそも道路交通法では「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し……」と定められているので、運転に支障があると認められると違反になる可能性がある。“正常な運転ができない”と自らが判断した際には、万が一のことを考えれば当然ながら運転は控える方が良いだろう。

【関連記事】パラリンピック・ブラジル代表の愛車は「ビートル」! 手だけで3ペダルMTを操る「福祉旧車」ライフの衝撃

ケガとクルマと病院画像はこちら

 では具体的なケースについて紹介していこう。例えば左足を骨折などして痛めている場合を想定してみよう。左足の場合であれば右足は自由に動かせるため、AT車のアクセル&ブレーキの操作は理論的には可能だ。そのため左足の骨折の歳には通常どうりの運転が可能になると思われる。つまり“正常な運転”は可能と認められる“可能性”が高いのだ。ただし、MT車の場合は左足でのクラッチ操作が必須となるので当然NG。クラッチありの3ペダルを片足で運転はNG画像はこちら

 次に、腕の骨折に関してはどうだろう? 片手でも運転できると思っているベテランドライバーも多いだろうが、クルマの運転は基本は両手でハンドルを操作するのがセオリー。片手運転では“確実に操作できない”と判断されると違反になるケースがある。ギプスなどを付けていたりして、ハンドル操作がしにくい状態にある場合は“自分の安全も周囲への安全”も考えれば、運転を控えるのが賢明だろう。手足をケガしているときの運転についての解説画像はこちら

画像ギャラリー