8000回転までブン回る「ダイハツ・エッセ」のワンメイクレース! 最終戦の「タイムトライアル」と「年間タイトル」の結果【AJEC】 (1/2ページ)

8000回転までブン回る「ダイハツ・エッセ」のワンメイクレース! 最終戦の「タイムトライアル」と「年間タイトル」の結果【AJEC】

最終戦はタイムトライアルレース

 11月28日(土)、三重県にあるモーターランド鈴鹿で「ALL JAPAN ESSE CUP(AJEC)」の最終ラウンドとなる第5戦&第6戦が開催となった。このAJECは、今シーズンから始まったダイハツ・エッセだけを使用して行われるワンメイクシリーズ。

 1大会で2戦ずつタイムトライアルに臨んでゆくのだがシリーズは各地開催での3大会が行われ、それぞれの大会ごとに競技内容がバラエティに異なっているという特色を持っている。6月に恵那笠置山モーターパーク(岐阜県恵那市)で開催となった第1戦&第2戦はジムカーナ、10月10日(土)に長野県木曽郡の山中でのヒルクライム、そして今回の第5戦&第6戦はサーキットトライアルとなる。この6戦を通じて、日本一のダイハツ・メッセ乗りを決めるシリーズだ。

【関連記事】「寒いほうが速い」のは何故? 冬にサーキットを走る「メリット」と「意外な注意点」とは

インリフトをして曲がるダイハツエッセ画像はこちら ダイハツ・エッセは、6代目ミラをベースとした5ドアハッチモデルで、2005年から2011年まで販売されたモデル。シンプルでリーズナブルな実用車として企画された車両だが、ボディが軽量(車重は700kg)で、8000回転まで軽快に回る3気筒12バルブKF-VE型エンジン(最高出力58ps/最大トルク65N・m)という組み合わせで軽快な走りができる一台。いまなお人気のモデルでもある。ALL JAPAN ESSE CUPに参戦したマシン画像はこちら 開幕となる恵那でのラウンドは11台15名。そして台風14号が接近する中で開催された前回の木曽でのヒルクライムは17台がエントリー。そして今回はダブルエントリー含む14台18選手の参加となった。今回のタイムトライアルは、1周1kmのモーターランド鈴鹿のコースを2周するもの。その計測2本のうちのベストタイムで順位を決めることとなる。15分ごとの練習走行セッション2回を経て、第5戦のタイムアタック。そしてさらに15分の練習走行を入れて、第6戦決勝となる。ダブルエントリーも可能なダイハツエッセ画像はこちら

画像ギャラリー