極上の「第一世代」を発見! 350台のGT-Rが集まる巨大イベントに参加した「ハコスカ」&「ケンメリ」を直撃 (1/2ページ)

極上の「第一世代」を発見! 350台のGT-Rが集まる巨大イベントに参加した「ハコスカ」&「ケンメリ」を直撃

「R’s Meeting 2020」で見つけた注目車両
【ハコスカGT-R/ケンメリGT-R編】

 一冊まるごとスカイラインGT-Rだけを紹介している雑誌「GT-Rマガジン」が主催する年に一度の恒例イベント「R’s Meeting」が今年も富士スピードウェイにて行なわれた。コロナ禍ということで今回はメーカー出展エリアを縮小したり、本コースを使用する催し物は見送られたが、それでも当日は全352台(!)のGT-Rオーナーがエントリー。ハコスカとケンメリの第一世代からR32〜34の第二世代、そして最新のR35と、会場には個性いっぱいのGT-Rであふれた。

【関連記事】地を這う「シャコタン」ビートルも集結! 日本最大級の「VWミーティング」は敷居も低かった

「GT-Rマガジン」が主催する年に一度の恒例イベント「R's Meeting」会場全体画像はこちら

 現在発売中の本誌特別号「GT-R OWNERS FILE X(定価2000円+税)」では参加車両全台を掲載しているが、ここでは当サイトが注目した車両をピックアップ。“至極のGT-R”その一部をご覧いただこう。「GT-Rマガジン」が主催する年に一度の恒例イベント「R's Meeting」会場風景画像はこちら

エンジンOH済みで絶好調の「KPGC10」

 今から20年ほど前にたまたま“出物”が見つかり購入したというハコスカGT-R。2オーナー車両(現在で3オーナー目)ということで状態が良く、フジツボのステンレスマフラー以外はほぼオリジナルに近い仕様となっている。GT-Rに乗る前はSR311フェアレディZを所有していたというYサン。このクルマは普段から街乗りやドライブに使い、最低でも2週間に一度は動かすようにして好調をキープしているそうだ。山田宣義サンのハコスカGT-R_その1画像はこちら

 搭載するS20エンジンは2018年12月にオーバーホール済みのため、現状では特にチューニングや大がかりなメニューの予定はなし。「いつかこのハコスカで富士スピードウェイのレーシングコースを走ってみたいですね」とのこと。今後もなるべくオリジナルの状態を維持しながら大切に、GT-Rライフを満喫してほしい。山田宣義サンのハコスカGT-R_その2画像はこちら

□型式:KPGC10(1971年式)
□走行距離:—km

●ホイール:RSワタナベ(F=15×6.5J R=16×9.0J)
●タイヤ:ブリヂストン・ポテンザ
●マフラー:フジツボ
●内装:バケットシート

画像ギャラリー