超絶性能のランクルだってジムニーだってスタックも横転もする! 四駆で悪路を走るなら「レスキューアイテム」が必須だった (1/3ページ)

超絶性能のランクルだってジムニーだってスタックも横転もする! 四駆で悪路を走るなら「レスキューアイテム」が必須だった

本格オフロードを切り抜けるための救出アイテム

 四駆という頼もしいクルマを愛車にした瞬間、なんだか自分の行動範囲が一気に広がった気分になる。せっかく四駆に乗っているんだったら未舗装路、つまりオフロードを走って楽しみたいと思う人も多いのではないだろうか。しかし、いくら四駆だからといって油断は絶対NG。そこで今回は、本格的な悪路で役立つレスキューアイテム紹介しよう。

【関連記事】「ガソリン価格」が7週間連続値上がり中!「トリガー条項」発動で安くなる可能性は?

無茶は厳禁!「そなえよつねに」

 クルマの性能を過信してか、いきなり無茶をすればスタックや横転、滑落してしまうことだってあり得る。復帰までに数時間を費やし、せっかくの休日を台無しにしてしまった、という話も珍しくない。特に初心者は一人で行かず、そのフィールドを知り尽くしたベテランと2台以上で行くのが鉄則だ。

【関連記事】「ガソリン価格」が7週間連続値上がり中!「トリガー条項」発動で安くなる可能性は?

初心者がオフロードで無茶をすればスタックや横転、滑落してしまうことだってあり得る画像はこちら

 トランスファーの切り替えタイミングやタイヤの空気圧調整、ドラポジやドラテク、難易度の高いポイントは一度歩いてラインを確認したり、無理だと感じたら迂回したりすることも大切だ。安全にオフロードを楽しむためには色々な準備や知識、心構えが必要だが、例えこれらが完璧だったとしても不測の事態が起こることもある。四輪駆動車の足まわりをチェック画像はこちら

 しかし「レスキューアイテム」があれば、そんな時でもいち早く復帰できたり、被害を最小限に抑え何事もなかったように再スタートできるかもしれない。逆にトラブっている車両に出くわしたら手を差し伸べることもできる。オフローディングは自然が相手であり、危険と隣り合わせであることを忘れてはならない。だからこそ、万が一の事態に備えておく必要があるのだ。レスキューアイテムがあれば、険しいオフロードを切り抜けられたり、他人のクルマを助けることもできる画像はこちら

 とはいえ、世の中にはたくさんのレスキューアイテムがあり、「●●を持っていけば間違いない」という都合の良いモノはない。四駆乗りたちは走るフィールドや気候、愛車の仕様に合わせて厳選したアイテムを積んで出かけている。四駆乗りたちは走るフィールドや気候、愛車の仕様に合わせて厳選したアイテムを積んで出かけている画像はこちら

 今回は、レスキューも競技の一部になっているオフロードレース「XCT-Dual(クロスカントリートライアル×デュアルの略)」で実際に使われている装備を中心に紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。レスキューも競技の一部になっているオフロードレース「XCT-Dual(クロスカントリートライアル×デュアルの略)」画像はこちら

画像ギャラリー