「ドリフト」はやりたしクルマは高し! 嘆くオーナー感涙の100万円以下FRスポーツ5選 (1/2ページ)

「ドリフト」はやりたしクルマは高し! 嘆くオーナー感涙の100万円以下FRスポーツ5選

お買い得な後輪駆動のクルマをピックアップ

 クルマを自由自在に操っている楽しさを満喫し、危険回避のトレーニングにも繋がるドリフト。FRのスポーツカーは少なく値段も高くなるいっぽうだけど、探せば意外にリーズナブルな中古車もあるのだ。ウデ磨きにピッタリの後輪駆動車を5台ピックアップしよう。

【関連記事】身障者チームの挑戦!青木拓磨、ル・マン24時間本戦に向け最終調整終了

価格高騰の止まらない国産スポーツカー

 昔のドリフト車両といえばAE86やシルビア&180SX、RX-7にツアラーVなどが定番だった。しかし年数が経つにつれ程度の良いタマは減り、相場はどんどん高くなっている。では、今のクルマ好きがドリフトを練習するには莫大な資金なのが必要かというと、決してそんなことはなく100万円の予算で買えるクルマも少なくないのだ。

【関連記事】身障者チームの挑戦!青木拓磨、ル・マン24時間本戦に向け最終調整終了

昔のドリフト車両といえばAE86やシルビア&180SX、RX-7にツアラーVなどが定番だった画像はこちら

 コンテストで勝ちを狙うなら話は別だけど、遊びならチューニングは必要最小限でいいし、走るほどタイヤやオイルやブレーキも消耗する。なるべく初期投資を抑えて練習代にお金を使ったほうが、よほど楽しいし得るものも大きいといえるのではないだろうか。サーキットでドリフト走行するV36スカイライン画像はこちら

日産フェアレディZ(Z33)

 そんな観点でいうとZ33型のフェアレディZは、かなりコストパフォーマンスに優れている。VQ35HRエンジンの後期型まだ100万円を切らないが、前期型であれば50万円〜とだいぶ手の届きやすい価格。コストパフォーマンスに優れているZ33型フェアレディZ画像はこちら

 車体が重いとはいえベースグレードでも280ps&37kgmを誇り、6速MT車も存在するしアフターパーツも数え切れないほどある。ウデが上達したらターボなどでチューニングし、より次元の高い走りを目指せるのもメリットだ。ベースグレードでも280ps&37kgmを誇るZ33フェアレディZ画像はこちら

日産スカイライン(CPV35)

 同じく日産車では、同年代のV35型スカイラインも外せない。2001年から発売された4ドアセダンは20万円を切る中古車も珍しくなく、その2年後にデビューした2ドアクーペも50万円を下まわる中古車が多い。前期型スカイライン・クーペ2台絡み画像はこちら

 いずれもMTになると20〜30万円ほど高くなるが、100万円で十分にお釣りが出るレベルだ。狙うならZ33フェアレディZと同じVQ35DEエンジンを搭載するクーペか、もしくは3.5L&6速MTを選べるようになった後期型セダンか。VQ35DEエンジンを搭載するスカイライン・ィーペ画像はこちら

画像ギャラリー