「やりすぎ」じゃないから近所の目も気にならない! 走り好き「家族」の幸せを呼ぶワークス系ミニバン5選 (1/2ページ)

「やりすぎ」じゃないから近所の目も気にならない! 走り好き「家族」の幸せを呼ぶワークス系ミニバン5選

お買い得スポーツ系中古ミニバンで走りも満足

 走りが楽しいクルマといえば、まず思い浮かぶのはトヨタの「GR」や日産の「NISMO(ニスモ)」、他にSUBARUの「STI」といった、メーカー直系のスポーツブランドが手掛けたモデルだ。それらはセダンやスポーツモデルをベースした車種を展開するいっぽうで、ミニバンなどもラインナップしている。

 そこで今回は、走り好きのパパやママを満足させるミニバンたち、しかも中古でしか買えない絶版モデルを紹介しよう。新車時に比べるとリーズナブルに購入できるから、身近な存在といえる。

1)日産・セレナNISMO

 ベースモデルがマイナーチェンジを受けているものの、ほぼ現行モデルといえるのが「セレナNISMO」だ。日産の人気ミニバン「セレナ」をベースにカスタマイズされた市販モデルで、2017年11月に発売された。

【関連記事】これが最後のGT-Rか? 8月発表「2022年モデル」の詳細は? 価格も大胆予想!

セレナNISMO画像はこちら

 内外装を専用デザインにするとともに、インテリアをスウェード調素材でスポーティにコーディネートしている(レカロ製シートもオプション設定)。スポーティなルックスで選ぶのもいいだろう。セレナNISMOコクピット画像はこちら

 走りはどうか。専用サスペンションやタイヤ&ホイールだけでなく、車体の補強まで実施するなどかなりの本格派だった。ただ販売終了は2019年8月。中古車流通台数は少ないが、NISMOの走りをミニバンで具現化した希少なモデルだ。

2)トヨタ・ノア&ヴォクシー「G’s」 

 セレナのライバルに相当するトヨタのミニバン「ノア」や「ヴォクシー」にもスポーツグレードが設定されていた。現在販売されているのは「GR SPORT」だが、現在絶版モデルとなっているのは、その前身として2017年7月まで販売されていた「G’s(ジース)」。ノア「G’s」画像はこちら

 トヨタの「スポーツ車両統括部」が開発し、内外装の仕立てだけでなく専用チューニングサスペンションやボディ補強、そして18インチタイヤを履くなどトータルでのハンドリング向上がはかられている。 ヴォクシー「G’s」画像はこちら

 3代目ノア&ヴォクシーの「G’s」が販売されていたのは2016年4月から2017年7月だが、それ以前にも2代目ノア/ヴォクシーをベースにした「G SPORTS(G’s)」が2010年6月から2014年1月まで展開されていた。後期モデルでは専用形状のシートまで組み込んだことからも、いかに力を入れた開発だったか想像できるだろう。中古車市場での流通台数は多くはないが、100万円未満の車両を見つけることもできる。

画像ギャラリー