クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • GRヤリスのオーディオレス車が「高品質音響ルーム」になる衝撃! Bluetooth搭載「小型高性能アンプ」の中身
CUSTOM
share:

GRヤリスのオーディオレス車が「高品質音響ルーム」になる衝撃! Bluetooth搭載「小型高性能アンプ」の中身

投稿日:

TEXT: XaCAR編集部 大野田諭 PHOTO: 水川 尚由

330万円で購入できるがオーディオレスのGRヤリス。これにオーディオがプラスできれば魅力は倍増だ!

 GRヤリスは、魅力的なスポーツモデルとして注目されているクルマである。グレードは、2WDのRSと、4WDのRZとRZハイパフォーマンスが中心モデルとして設定されている。価格はRSが265万円、RZが396万円、RZハイパフォーマンスが456万円。RSは265万円と比較的安価だが、エンジンは通常のヤリスに搭載されている1.5Lエンジンで、CVTのみの設定。RZやRZハイパフォーマンスは、1.6Lターボエンジンが搭載されていて6速MTが用意されている。GRヤリスの雰囲気だけを楽しみたいというのであれば、RSでも良いのかもしれないが、GRヤリスで本格的なスポーツ走行を楽しみたいという人にとっては、間違いなくRZとRZハイパフォーマンスがターゲットになってくる。ちなみに、上記グレードには、いずれも豪華なJBL製8インチディスプレイオーディオが装着されている。

 RZやRZハイパフォーマンスは、かなり刺激的なクルマである。1.6Lターボエンジンは、感動的なフィーリングを得られるエンジンである。ただ難点は、高額に見えてしまうところだ。3ドアの1.6Lターボのクルマに約400〜460万円という価格設定は、どんなに中身が高性能だと言われても躊躇してしまう人が多いだろう。そこで、抜け道のように設定されているのがRCグレードなのだ。

 これは完全に競技での使用を目的としたモデルで、内装やブレーキ、サスペンションなど極力簡素に設定された“レスグレード”。カタログにも載っていないし、HPで検索してみても通常のGRヤリスのページには掲載されていない。トヨタとしては、あまり一般の人には買ってほしくない。そんな風に見えるグレードなのだ。これが、1.6Lターボエンジン+4WDシステムを搭載しているクルマながら、330万円という価格。ただし、オーディオは存在しないし、装着する場所さえも用意されていないグレードなのだ。

 もちろんRCは、競技で使用するクルマなのだからオーディオなんて必要ない。と言ってしまえばそれまで。ただしアマチュアの競技ドライバーたちの多くは、会場まで競技車両を運転して行き、競技を行い、そのクルマで帰宅するという人が多いはず。つまり、オーディオを装着することで、少しクルマが重たくなってしまったとしても、会場までの道程を快適に過ごせるのであれば、そっちの方が嬉しいという人は少なからず居るはずだ。幸い最近は、スマートフォンがある。ナビにもなるし、オーディオとしても使用することができる。だとしたら、スマホをヘッドユニットのように使えれば1番いい。そんな発想で開発されたのが、サイバーストークが発売した『ジョイン・スマートステーションGRヤリスキット』なのだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS