GRヤリスのオーディオレス車が「高品質音響ルーム」になる衝撃! Bluetooth搭載「小型高性能アンプ」の中身

GRヤリスのオーディオレス車が「高品質音響ルーム」になる衝撃! Bluetooth搭載「小型高性能アンプ」の中身

330万円で購入できるがオーディオレスのGRヤリス。これにオーディオがプラスできれば魅力は倍増だ!

 GRヤリスは、魅力的なスポーツモデルとして注目されているクルマである。グレードは、2WDのRSと、4WDのRZとRZハイパフォーマンスが中心モデルとして設定されている。価格はRSが265万円、RZが396万円、RZハイパフォーマンスが456万円。RSは265万円と比較的安価だが、エンジンは通常のヤリスに搭載されている1.5Lエンジンで、CVTのみの設定。RZやRZハイパフォーマンスは、1.6Lターボエンジンが搭載されていて6速MTが用意されている。GRヤリスの雰囲気だけを楽しみたいというのであれば、RSでも良いのかもしれないが、GRヤリスで本格的なスポーツ走行を楽しみたいという人にとっては、間違いなくRZとRZハイパフォーマンスがターゲットになってくる。ちなみに、上記グレードには、いずれも豪華なJBL製8インチディスプレイオーディオが装着されている。

【関連記事】「放電ベルト」に「小径ハンドル」! 昔は「お約束」だったのに姿を消した「昭和 &平成カスタム」10選

サイバーストーク製「ジョイン・スマートステーション GRヤリスRCキット」の紹介画像はこちら

 RZやRZハイパフォーマンスは、かなり刺激的なクルマである。1.6Lターボエンジンは、感動的なフィーリングを得られるエンジンである。ただ難点は、高額に見えてしまうところだ。3ドアの1.6Lターボのクルマに約400〜460万円という価格設定は、どんなに中身が高性能だと言われても躊躇してしまう人が多いだろう。そこで、抜け道のように設定されているのがRCグレードなのだ。

 これは完全に競技での使用を目的としたモデルで、内装やブレーキ、サスペンションなど極力簡素に設定された“レスグレード”。カタログにも載っていないし、HPで検索してみても通常のGRヤリスのページには掲載されていない。トヨタとしては、あまり一般の人には買ってほしくない。そんな風に見えるグレードなのだ。これが、1.6Lターボエンジン+4WDシステムを搭載しているクルマながら、330万円という価格。ただし、オーディオは存在しないし、装着する場所さえも用意されていないグレードなのだ。サイバーストーク製「ジョイン・スマートステーション GRヤリスRCキット」の紹介画像はこちら

 もちろんRCは、競技で使用するクルマなのだからオーディオなんて必要ない。と言ってしまえばそれまで。ただしアマチュアの競技ドライバーたちの多くは、会場まで競技車両を運転して行き、競技を行い、そのクルマで帰宅するという人が多いはず。つまり、オーディオを装着することで、少しクルマが重たくなってしまったとしても、会場までの道程を快適に過ごせるのであれば、そっちの方が嬉しいという人は少なからず居るはずだ。幸い最近は、スマートフォンがある。ナビにもなるし、オーディオとしても使用することができる。だとしたら、スマホをヘッドユニットのように使えれば1番いい。そんな発想で開発されたのが、サイバーストークが発売した『ジョイン・スマートステーションGRヤリスキット』なのだ。サイバーストーク製「ジョイン・スマートステーション GRヤリスRCキット」の紹介画像はこちら

 じつは、GRヤリスRCは、オーディオレスモデルなのにフロントスピーカー(フルレンジ2スピーカー)が標準装備されている。しかも配線もセンターコンソール裏まできていて、ヘッドユニットさえあればオーディオを装着出来る状態にあるのだ。ただし、通常DINのオーディオをセットできる場所はない。そこでサイバーストークは、ジョインスマートステーションをGRヤリスのエアコン吹き出し口下部のわずかなスペースに収まるように設計した。ここに行きつくまでに、さまざまなパターンを想定したようだが、インパネの雰囲気に収まるように自然なカタチで設置することができている。サイバーストーク製「ジョイン・スマートステーション GRヤリスRCキット」の紹介画像はこちら

 では、ジョイン・スマートステーションを装着するメリットというのは何なのだろう。まずはスマートフォンに入っている音源をBluetoothで、社内のスピーカーでアウトプットできるようになるということがある。その際、本格的なHi-Fiアンプを経由することで、スピーカーの潜在能力を引き出し、スマホ音源を可能な限り高音質で楽しむことができる。また、カーナビアプリの音声案内や、ハンズフリー通話、LINE通話も可能となる。USB充電機能も備えているので、電池切れを気にすることなくドライブを楽しむことができる。サイバーストーク製「ジョイン・スマートステーション GRヤリスRCキット」の紹介画像はこちら

 ジョイン・スマートステーションには、本体に加え、コントローラー、パネル、ハーネス、専用ブラケットなどが同梱されている。取付は本体を専用コネクターで車両配線に接続した後、競技走行にも耐えうる専用ブラケット(金具)で車両に装着。専用設計のコントローラー(操作部)を小物入れに貼り付けて、本体とLANケーブルで接続するだけ。

 気になる価格は5万円となる。ただし発売記念として3月21日注文分までは、10%OFFの(税別)4万5000円で発売されている。

【詳しくはこちら】
◆ジョイン・スマートステーション GRヤリスRCキット専用ページ
https://www.cyberstork.com/joyn/yaris-kit/

画像ギャラリー