早くも「GRヤリス」用登場! 「コンマ差」の世界で威力を発揮する「ドグミッション」とは (1/2ページ)

早くも「GRヤリス」用登場! 「コンマ差」の世界で威力を発揮する「ドグミッション」とは

トップラリードライバー奴田原文雄選手がテスト

 東大阪にあるウエルマーは、近年では、そのプロモーションも兼ねて、JEVRA(全日本電気自動車レース)シリーズに、自社で電気自動車にコンバートしたトヨタ86に専用のドグ式シーケンシャルミッションを組み込んで長年参戦をするなどの活動を展開している。某日、いま話題のGRヤリスを筑波サーキットに持ち込み、自社のドグミッションの評価チェックを行った。

 そもそもこのプロジェクトの発端は、クランク、コンロッド、クラッチ、クロスミッションなどモータースポーツ用部品の開発を行う会社として立ち上がったウエルマーが「GRヤリスにドグミッションを積んでみよう」というもの。その製作を請け負ったのが、レクサスLFAのエンジンギヤを供給したり、試作品の製作やOEMでミッションを製造している金属加工・部品製作・歯車加工のメーカーは繁原製作所である。

【関連記事】サファリ王者の「後継」だけど大苦戦! スープラは何故「ラリー」では歯が立たなかったのか?

ドグミッションテスト中のヤリス画像はこちら ドグミッションとは、シンクロメッシュのない常時噛合式のマニュアル式トランスミッションのことで、なんといっても変速時間の短さがその特徴だ。それにシンクロ式に比べて部品点数も少なく、強度も信頼性も高いという特徴を持つ。ちなみにEVレースに参戦しているEV86に搭載しているのは最大トルク400N・mに耐える6速ドグミッションとなっている。見た目は変わりがないドグミッション画像はこちら ドグミッションというとシーケンシャル型をイメージするかもしれないが、これは市販車と同じHパターンを採用。全日本ラリーでのレギュレーションを見据えてのことで、まったくツルシのGRヤリスと見た目も変わらないので言われなければわからない。もちろんそれはボンネットを開けても同様だ。唯一ヤマハ製のパフォーマンスダンパーを前後に装着しているが……。ヤリスのボンネット内部画像はこちら

画像ギャラリー