最強のGT-Rに異論なし! 世界でわずか19台の「NISMO R34GT-R Z-tune」の衝撃 (1/2ページ)

最強のGT-Rに異論なし! 世界でわずか19台の「NISMO R34GT-R Z-tune」の衝撃

「世界最強のロードゴーイングカー」をキーワードに開発

 いろいろと規制の厳しい日本国内において、コンプリートカーを作り上げるのは、多くのチューナーにとって夢であり、ユーザーにとっても憧れの存在。そうした中で「最強・最速」といえるのは、2000年のNISMOフェスティバルでデビューし、全国の名うてのGT-Rチューナーが持ち込んだ渾身のデモカーと真剣勝負「チューナーズバトル」で圧勝した「NISMO R34GT-R Z-tune」だろう。

 日産のワークスチームであるNISMOが「世界最強のロードゴーイングカー」、「TOP OF THE GT-R」をキーワードに造り上げた究極のGT-R。今シーズン、スーパーGTのNDDP RACING with B-MAXチームの監督を務める、NISMOの田中利和氏が開発責任者として陣頭指揮を執り、日本国内の主なサーキットはもちろん、ニュルブルクリンク(以下:ニュル)にまで持ち込んでテストを敢行。

【関連記事】三菱の「ラリーアート」ブランド復活第1段! まずは「トライトン」と「パジェロスポーツ」から

スーパーGT「NDDP RACING with B-MAXチーム」の監督を務めるNISMOの田中利和氏画像はこちら

 日産ワークス=NISMOの名にかけて、第二世代GT-Rの集大成“世界最強のロードゴーイングカー”と呼ぶにふさわしいパフォーマンスをもって、2005年に市販化された。限定19台、1774万5000円(税込み)というプライスは当時ニュースになった。(ベースのR34GT-Rは、2002年に生産終了しているため、NISMO R34GT-R Z-tuneは、走行距離3万km以下の極上ユーズドカーをベースに、車体はバラバラに分解した上で新たにボディ補強などを施しながらハンドメイドで組み立てられている。)2005年の大阪オートメッセに展示されたGT-R Z-tune画像はこちら

 だが、「NISMO R34GT-R Z-tune」は、それだけの価値があるクルマで、エンジンは「RB26DETT改Z2」とネーミングされた専用チューン。GT500のレーシングカーと同じく、ボア1mmアップ、ストローク4mmアップの2.8リッター仕様となった。NISMO R34GT-R Z-tuneに搭載されているRB26DETT改Z2エンジン画像はこちら

 ターボはニュル24時間レースなどでも実績のあるIHI製の大容量タービンで、カム・ヘッドから腰下まで、NISMOの専用部品を惜しまず投入がなされた。一基一基、NISMOのエンジン職人が手組みで仕上げ、500馬力以上のパワーを誇りながら、市販車に勝るとも劣らない耐久性を与えている。

 もちろん、吸排気系やコンピュータまでZ2エンジンに合わせたスペシャルセッティングになっていて、高負荷高回転の全開領域だけでなく、ストリートでもレスポンスよく走れるドライバビリティも兼ね備えていた。スペシャルセッティングがなされているRB26DETT改Z2エンジン画像はこちら

 また、サーキット走行でも音を上げないようにラジエター、オイルクーラー、インタークーラーなどの冷却系はレーシングカー並の余裕を持たせてあった。

画像ギャラリー