アメリカ最大人気レース「ナスカー」2021シーズンがスタート 服部REチームはタイトル奪回を目指す【NASCARトラックシリーズ 第1戦】 (1/2ページ)

アメリカ最大人気レース「ナスカー」2021シーズンがスタート 服部REチームはタイトル奪回を目指す【NASCARトラックシリーズ 第1戦】

服部茂章代表率いるHRE挑戦のトラックシリーズは波乱の幕開け

 アメリカでもっとも人気のある自動車レースが「NASCAR(ナスカー)」だが、その2021シーズンも、伝統のデイトナで開幕となった。昨シーズンは、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、大半のレースがフリー走行や予選セッションも行なわれず、ぶっつけ本番の決勝レースが無観客で行なわれることとなってしまったが、今シーズン開幕戦は、フリー走行、予選も設定されてのレースとなった。

【関連記事】「小さく前ならえ」型フロントウイング! あまりにも自己主張が強すぎる「パイクスピーク」参戦車両

ゼッケン16のトヨタ・タンドラ画像はこちら ナスカーで唯一の日本人オーナーである服部茂章代表率いる「Hattori Racing Enterprises(HRE)」も、この開幕戦のデイトナの一戦のナスカー3大カテゴリー、「カップ」、「Xfinity(エクスフィニティ)」、「Camping World Truck(トラック)」のうちのトラック・シリーズ開幕戦に参戦する。

 今回HREは「United Rentals」の支援を受け、Car # 16「United Rentals TOYOTA TUNDRA」をデイトナに持ち込んだ。レギュラードライバーには、チームに合流して3年目になるオースティン・ヒル選手を引き続いて起用。チームとしては、2018シーズンに獲得したトラック・シリーズのタイトルを奪還すべく、今季もこれに挑んでいく。HREチームのヒル選手画像はこちら 開幕戦、トラック・シリーズ第1戦「NextEra Energy250」舞台となるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイは、全長2.5マイル(約4km)のトライ・オーバルコース。最大31度という深いバンク角がありドラフティングを使った超接近戦が繰り広げられるシリーズ屈指の超高速コースだ。

 2月11日(木)のフリー走行では、高速でのドラフティング時のハンドリングの確認を中心にセットアップを進め、2番手タイムでセッションを終えた。2月12日(金)午後3時10分からの予選セッションでは決勝に合わせたセッティングにしていた事もあり18番手くらいから決勝を迎えることとなった。

 このデイトナのコースで、20周ずつの第1ステージ、第2ステージ、そして60周の第3ステージの合計100周で争われる決勝レースは、その予選終了後の午後7時30分にグリーンフラッグが振られてスタート。そしてスタート直後のクラッシュから始まる波乱の展開となっていった。デイトナのコースで大接戦が展開するNASCARトラックレース画像はこちら 予選を通過した36台のうち、9列目アウト側からスタートしたヒル選手の16号車は、ドラフティングを使い順位を入れ替えながらの攻防を展開し、15番手で第1ステージのチェッカーを受けた。

 このステージブレイクでピットに戻って給油と4本のタイヤ交換とセッティング調整を行い、16番手でコースに復帰。第2ステージをスタートしてゆく。ここでも、大きく膨らんだトップ集団後方から、ドラフティングを使って順位を上げ、7番手で第2ステージのチェッカーを受けポイントを獲得。ここでチームはタイヤ無交換の給油のみで、このピットストップでもポジションを下げない作戦で最終ステージへと向かう。

画像ギャラリー