間違いなくいいクルマ! でもなぜか不人気がゆえに「お買い得」な中古スポーツ4選 (1/2ページ)

間違いなくいいクルマ! でもなぜか不人気がゆえに「お買い得」な中古スポーツ4選

実はお買い得な不人気スポーツカー

 中古車市場においてスポーツモデルは一般的に人気が高いですが、一部モデルは意外なことに不人気となっていて、現状リーズナブルな価格で手に入れることができます。不人気となっている理由はさまざまですが、その理由を理解できると、不人気車はとたんに「買い得車」となります。そんな、不人気だけど買い得なクルマたちを紹介していきましょう。

マツダRX-8

 まず最初に紹介する「買い得車」はマツダのRX-8です。RX-7はコアなファンに支えられているモデルですが、RX-7と違って4ドアとなるRX-8はけっこう見逃されているモデルです。

【関連記事】偉大すぎる兄弟に挟まれた「真ん中っ子」! わりと名車だった3代目フィアット「500」とは

2003年に登場したマツダRX-8画像はこちら

 このRX-8、中古車市場では50万円以下でも手に入ります。ロータリーエンジンに対するあこがれを持っている人が多いのですが、どうせ乗るならRX-7に乗りたいという気持ちの人も多く、そうした流れがRX-8の価格を下げているとも言えます。マツダRX-8のリアビュー画像はこちら

 ロータリーはエンジンの耐久性が心配という方もいますが、機構がシンプルなのでじつは壊れにくいエンジンでもあります。しかも、リビルトエンジンも豊富で、工賃込みで100万円もあればチューニング済みのリビルトエンジンに載せ替えることも可能です。マツダRX-8のロータリーエンジン画像はこちら

トヨタ・セリカ

 RX-8と同程度の価格帯で「買い得車」となっているのが7代目セリカです。6代目まではGT-FOURが存在し、モータースポーツ色を全面に押し出していましたが、7代目はGT-FOURは中止となったほか、エンジンも1.8リットルとなり、少し大人しくなった印象です。1999年に登場した7代目セリカ画像はこちら

 しかしながら、スポーティなクーペスタイルは健在で、セリカの元々のコンセプトであるスペシャリティ感は十分に備えたモデルとなっています。6代目のエンジンはタイミングベルト式の3S系ですが、7代目は2ZZもしくは1ZZで、いずれもタイミングチェーンのため過走行車でも安心感があります。7代目セリカに搭載されている2ZZエンジン画像はこちら

 同じトヨタで同じ1ZZ系エンジンを積むモデルの「買い得車」をもう1台紹介しましょう。

画像ギャラリー