「故障」「事故」「ケガ」! サーキットの魔物に魅入られないために行うべき「走行前軽整備」5つ (1/2ページ)

「故障」「事故」「ケガ」! サーキットの魔物に魅入られないために行うべき「走行前軽整備」5つ

走行前にトラブル予防は欠かさずにチェック!

 何日も前から心待ちにしていたサーキット走行会。しかし少しのメンテ不足や確認ミスが原因で、満足のいく結果が得られないことも多々ある。貴重な時間をムダにせず他の参加者に迷惑をかけないため、走る直前にやっておく&チェックすべき項目をまとめてみた。走行会に参加する前に主催者からのチェックが入る

 誰しもサーキットを走る前であれば、何かしらの整備はやっているはず。とはいえ初心者がゆえに気付かないことや、逆に慣れてしまって忘れがちなこともある。そのせいで走りを途中でやめるハメになったり、クルマを壊したらシャレにならない。まして他人を巻き込むような事故を起こしたら、と考えれば慎重すぎるくらいでもいいほどだ。

ホイールナットの増し締めと空気圧はチェック

 定番中の定番はホイールナットの増し締め。走行中にタイヤが外れたという話は昔から聞くが、主な原因のひとつはホイールナットの緩みであり、その多くは増し締めをしておけば防げたと思われる。なお締めすぎてもハブボルトに負担がかかるので、必ずトルクレンチを使い適正値で締め付けること。併せてタイヤの空気圧もチェックし、必要があれば調整しておきたい。走行前にはホイールナットの増し締めをする

 路面温度やタイヤの銘柄によって上がり方は違うので、数周のウォームアップ後に再確認すれば万全だ。サーキットに着いてからタイヤを交換した場合は、フェンダーやアーム類と干渉しないかも要注意。ピットに停止した状態では問題なくとも、一般道より強いGで車体が傾くことを踏まえ、ある程度の余裕を持たせておくようにしたい。2〜3周の走行を終えたらピットに戻り、空気圧を確認する

画像ギャラリー