いま流行の「クロスオーバー」の波はフィアットにまで! 街乗りからアウトドアまで楽しめる「500Xクロス」を600キロ試乗して見えた中身 (1/3ページ)

いま流行の「クロスオーバー」の波はフィアットにまで! 街乗りからアウトドアまで楽しめる「500Xクロス」を600キロ試乗して見えた中身

コーナーリングが楽しいSUVモデル

 3月に開催された「FIAT & ABARTH fan-BOOK Meeting」。会場は浜松市、往復距離は611km。せっかくならFIATのクルマでユーザーとの時間を共有したいと相談をしたところ、フィアットやアルファロメオ、ジープなどのインポーターを務めるFCAジャパンの粋な計らいで「フィアット500X クロス」をお借りした。

 そこで長距離の走行レポートを兼ねて、500Xクロスの魅力と実力に編集部独自の目線で迫ってみたいと思う。

ポップなスタイリングとポジションの取りやすいシートが魅力

 フィアットのHPを見ると分かるように、現在のラインナップは、2008年登場から12年間で約5万5000台の売り上げを誇る500(チンクエチェント)と、カブリオレの500C。2011年に3代目となったパンダ、そして、日本には2015年10月に導入されたフィアットの500Xクロスと500Xスポーツの5車種だ。2019年にマイナーチェンジが施されたフィアット500X クロス

 500Xは、コンパクトカーの500を一回り大きくしたフィアット初のコンパクトSUVモデルだ。2019年4月にはマイナーチェンジを行い、デザイン変更と新開発の1.3リッターターボエンジンに6速のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされた。フィアット500Xクロスに搭載された1.3リッター直4エンジン

 また、現在500Xは受注生産モデルとなり、500Xシリーズでは、CROSSとスポーツがラインアップされており、2グレードともにFFだ。

 さて、あらためて見た500X クロスは、オーソドックスなチンクエチェントを普段見ている自分には新鮮だった。可愛らしいフェイスをもつ500とは大きく違い、どこか頼もしい。ボディカラーにファッショングレーメタリックを纏っているからか、前後のバンパーにマットクローム仕上げのモールディングもあり、ダークグレー仕上げのルーフレールも採用しているからかもしれない。2019年にマイナーチェンジが施されたフィアット500X クロス

 ドアを開け、500のロゴが刺繍されたブラックのレザーシートに腰を下ろす。8ウェイパワーシートに加えて、チルト&テレスコピックも合わさり、胴長短足のボクでもポジションがとりやすい。メータの中に表示されている走行距離に目を向けると、2月末に登録されたばかりということもあり、走行距離670kmというど新車をお借りすることができた。フィアット500X クロスのシート

画像ギャラリー