バイカーズ議連が視察! 青木拓磨選手も参加の「パラモトライダー体験走行会」開催 (1/2ページ)

バイカーズ議連が視察! 青木拓磨選手も参加の「パラモトライダー体験走行会」開催

新たな障がい者の受け入れの検討も

 レーシングライダーとして世界で活躍した青木三兄弟の次男となる青木拓磨選手が、参戦するロードレース世界選手権(WGP、現MotoGP)事前テスト中の事故によって脊髄を損傷し、車いす生活を余儀なくされた。この事故をきっかけに、その兄弟の長男・青木宣篤選手と三男・治親選手のふたりが立ち上げた非営利支援団体である一般社団法人サイドスタンドプロジェクト(SSP)。その活動は、拓磨選手と同じように、事故などで障がいを抱えてしまって2輪車を諦めた人に再びオートバイに乗ってもらい、オートバイに乗る趣味を一緒に楽しんで行けるように応援するもの。昨年6月から一般の障がい者を対象とした「パラモトライダー体験走行会」を開催している。

パラモトライダー体験走行会

国会議員の超党派議員連盟「バイカーズ議連」が視察

 その2021年初の「パラモトライダー体験走行会」が3月29日、千葉県袖ケ浦市にある袖ケ浦フォレストレースウェイで開催された。今回の走行会には、5名の参加者と4名の見学者が来場するということで、ボランティアスタッフもこれまで以上に強化され、一般のボランティアスタッフ以外に日本ミシュランタイヤからも多数の応援が駆け付けることとなった。

ボランティアによるライディングのフォロー また、この直前となる3月23日に設立されたばかりの超党派議員連盟「バイカーズ議連」からの視察もあって、この活動の盛り上がりを見せることとなった。このバイカーズ議連とは、与野党の2輪愛好家議員によって設立されており、今回は、その会長となる自民党の大岡敏孝衆院議員、そして元モトクロスライダーで脊髄損傷の事故の後、チェアスキー選手に転身した元パラリンピック日本代表選手で、この議連の幹事長である立憲民主党の横澤高徳参院議員も参加。横澤議員は息子で、全日本モトクロスライダーである横澤拓夢選手とともに会場にやってきた。他にも元格闘家である須藤元気参議院議員らが同行。積極的に意見交換も行われた。

超党派議員連盟「バイカーズ議連」の方々と 明け方まで残っていた雨の影響で路面コンディションは悪かったものの、それでもウエットパッチが残る程度に午後には回復。パラモトライダー5名のうち3名は、すでにこの体験走行会への参加経験のあるライダーであり、広場でのトレーニングの後に、袖ケ浦のコースを先導付きで走行と順調にプログラムをこなし走行を楽しんだ。

袖ケ浦フォレストレースウェイのコースを走る 新規参加者のひとりである樋榮 聖さんは大阪在住。#777 ランドマーク&スピードテックB・M・Sレーシングの第2ライダーとして参戦した2008年鈴鹿8耐の予選セッション時にヘアピンコーナーで転倒。胸椎のT4-9の骨折 、T7の粉砕骨折でみぞおちから下からが感覚のない状況だという。

 樋榮さんは以前から海外の知人より「ハンディキャップを持っていたって乗りたいなら乗ればいい」とアドバイスを受けていたところに、拓磨選手による8耐デモランを見た。これを追い風と感じてすぐに車両の制作を行ない、SSPと同じシステムを組み込んだホンダCBR600RR(PC37)で、すでに鈴鹿サーキットでの走行を2回行なっているのだ。

 この走行を経てSSPとのつながりができ、今回参加することとなった。自身で製作した前傾姿勢のキツイCBRよりも乗りやすかった、ということで、この袖ケ浦のコースを楽しんだようだ。全国展開も目指すSSPの力強い味方になってくれそうだ。

2021年第一回目のSSPは袖ヶ浦フォレストレースウェイ

画像ギャラリー