日産MID4なくしてR32GT-Rは誕生せず! 伝説のドライバーが語る「試乗秘話」 (1/2ページ)

日産MID4なくしてR32GT-Rは誕生せず! 伝説のドライバーが語る「試乗秘話」

モータージャーナリスト津々見友彦が語る「日産MID4 II型」の衝撃

 今でこそミッドシップと4WDの組み合わせはアウディR8、ランボルギーニ・ウラカン、ホンダ現行NSX、ポルシェ918スパイダーなど、数多の例がある。だが、1980年代では日本メーカーは言うに及ばず、イタリアやドイツでも市販モデルは存在しなかった。そんな折り、日産はV6をミッドに搭載した4WD「MID4」を開発していた。

【関連記事】100万円を切るモデルも! 中古なら絶対狙い目「12気筒」高級車4選

日産の市販されなかった幻のスーパーカーMID4の試乗インプレッション。津々見友彦が当時を回想し語る画像はこちら結果先に市販されることはなかったが、その技術はのちの日産スポーツに継承されていった。MID4は大きく分けて2バージョンしたが、大幅なモディファイを受けた「Ⅱ」型を、モータージャーナリスト津々見友彦が当時テストしていた。津々見友彦による、当時のインプレッションをお伝えしよう!

「ミッドシップ+4WD」という先進的すぎるパッケージに驚く

 1985年にフランクフルトショーにデビューした日産の「MID4」は衝撃的だった。4WDのスポーツカー。しかも低いボディに3ℓのV6エンジンのミッドシップという本格的なもの。ミッドシップそのものは既にトヨタMR2が前年に登場し珍しくはないが、大排気量でしかも4WDとなるとリヤエンジンのポルシェ959ぐらいで、ミッドシップ4WDとしてはユニークな存在だった。
 2年後、日産の追浜テストコースでついに、より進化した2シーターのMID4-Ⅱをドライブできた。
 リトラクタブヘッドライト。フェラーリ・ディーノのようなリヤルーフから後端までのサイド処理のクーペスタイル。

【関連記事】100万円を切るモデルも! 中古なら絶対狙い目「12気筒」高級車4選

日産の市販されなかった幻のスーパーカーMID4の試乗インプレッション。津々見友彦が当時を回想し語る画像はこちら当時としては群を抜いて迫力のあるスポーティなエクステリアだった。試乗車は左ハンドル。コクピットに収まるとエクステリア同様すぐにでも市販に入れるような完成度の高さだ。日産の市販されなかった幻のスーパーカーMID4の試乗インプレッション。津々見友彦が当時を回想し語る

画像ギャラリー