「逆転の発想」で誕生! 「GRヤリス」がモータースポーツを席巻する5つの理由 (1/2ページ)

「逆転の発想」で誕生! 「GRヤリス」がモータースポーツを席巻する5つの理由

「モータースポーツ用の車両を生産する」という逆転の発想

「モータースポーツで使った際に有利となる要素を市販状態から盛り込む」というコンセプトで開発されたGRヤリスが登場して半年が経った。とくに1.6L直3ターボ+4WDのRZ、RZハイパフォーマンス(1stエディション含む)、RCはモータースポーツにおいてそのポテンシャルの高さが証明されはじめている。その具体的な理由を挙げていこう。

【関連記事】身障者チームの挑戦!青木拓磨、ル・マン24時間本戦に向け最終調整終了

コンパクトなボディに強心臓の組み合わせ

 GRヤリスの全長はWRCのレギュレーションもあり4000mm以下、車重もアルミパーツの多用やカーボンルーフを使ったおかげもあり1.6Lターボ4WDで1200kg台後半と非常にコンパクトかつ軽量だ。この点はツイスティなワインディングロードを走っても、クルマがじつに軽快にキビキビと動いてくれることで実感できる。

【関連記事】身障者チームの挑戦!青木拓磨、ル・マン24時間本戦に向け最終調整終了

GRヤリスが参加型モータースポーツに強い理由とは画像はこちらまた、このコンパクトボディに1.6Lターボ4WDを組み合わせたパッケージも注目だ。排気量こそ1.6Lと小さいが、ターボエンジンらしい爆発的なパワーに加え、3000rpmあたりからフルブーストが掛かるなどパワーバンドが広いことはスポーツ走行中でも意外に高いギヤで走れるなど、扱いやすさや実質的な速さにつながっている。

 

ライトチューンで速くなるポテンシャルの高さ

 GRヤリスはライトチューンで「大化け」するポテンシャルも秘めている。サイズアップしたハイグリップタイヤへの交換、車高調サスペンションや機械式LSDの装着、ノーマルタービンでのブーストアップといったライトチューンレベルでプロドライバーによる筑波サーキットのラップタイムは1分00秒台と、非常に大きな伸びしろを持つのだ。 GRヤリスが参加型モータースポーツに強い理由とは画像はこちら このあたりが3月に行われた全日本ジムカーナでは2本目が雨となったため本当に一発勝負となったという面もあるにせよ、ランサーエボリューションやWRX STIと戦うクラスとなるGRヤリスの上位独占につながっていると言えそうだ。

画像ギャラリー