「東京モーターショー2021」開催中止! 過去出展された「幻の4WDコンセプトカー」6選 (1/3ページ)

「東京モーターショー2021」開催中止! 過去出展された「幻の4WDコンセプトカー」6選

東モに出展された国産メーカー「4WD」コンセプトカーの歴史

 国産自動車メーカーにとって1980年代半ばは「節目」の年だった。21世紀に向け新技術を満載したコンセプトカーが数多く展示された。4輪操舵の4WSが話題を振りまき、エンジンやサスペンションなどにも積極的に電子制御技術を導入していた 東京モーターショー2021は残念ながら中止のアナウンスがあったが、ここでは勢いのあった当時を振り返ってみよう。今回はモータージャーナリストの片岡英明が1980年代流行の技術だった「4WD」のコンセプトカー(いずれも市販はされなかった)にスポットを当て、当時を振り返る。

 

【日産CUE-X】のちにインフィニティQ45に繋がるコンセプト

 日産は東京モーターショーCUE-Xを出品している。エレガントな6ライトウインドウの大型4ドアセダンで、走りの実力を高めるテクノロジーを満載した。

【関連記事】VW8代目ゴルフがついに日本上陸! ライバルを常にリードしてきた「歴代モデル」をおさらい

かつて東京モーターショーに出展された4WDコンセプトカーの歴史を振り返る画像はこちら
 日産は早くから4WDの可能性に注目している。ビスカスカップリング式、センターデフ式に続き、日産はARC-Xに電子制御トルクスプリット4WDを採用した。これに4輪操舵のHICASを組み合わせている。足まわりは電子制御エアサスペンションだ。かつて東京モーターショーに出展された4WDコンセプトカーの歴史を振り返る画像はこちら
 また、前後に可動式のスポイラーを配し、液晶調光式ガラスサンルーフもいちはやく採用した。パワーユニットはVG30E型V6をDOHC化し、インタークーラー付きターボを加えたVG30DET型を搭載する。かつて東京モーターショーに出展された4WDコンセプトカーの歴史を振り返る画像はこちら

画像ギャラリー