クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • アルファードの内装は高級感あふれるラグジュアリー空間!
CUSTOM
share:

アルファードの内装は高級感あふれるラグジュアリー空間!

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 PHOTO: トヨタ自動車

■アルファードのシートの種類

 贅沢な座り心地のシートはアルファードの大きな魅力です。特にセカンドシートはグレードごとに機能が違うので、注目したいポイントです。

運転席

運転席6ウェイマニュアルシート

「X」/「S」に標準装備。前後スライド、リクライニング、シート上下機能を搭載したマニュアルのシートです。

運転席8ウェイパワーシート

「Executive Lounge」/「Executive Lounge S/SR/C」に標準装備。前後スライド、リクライニング、シート上下、座面前端上下の調整(チルトアジャスター)をそれぞれ電動で無段階に行なえるパワーシートです。スイッチ操作で、体格に合わせたシートポジションを簡単に調整でき、シートポジションとドアミラーポジションを3パターン登録できる「マイコンプリセットドライビングポジションシステム」も搭載されています。

助手席

助手席4ウェイシート(マニュアル)

「X」/「S」に標準装備。前後スライド、リクライニングをマニュアルで調整するシート。

助手席4ウェイシート(パワー)

「Executive Lounge」/「Executive Lounge S/SR/C」に標準装備。シートスライド&リクライニングスイッチで、気軽にポジションを調整できます。

セカンドシート

[7人乗り専用]エグゼクティブラウンジシート

「Executive Lounge」/「Executive Lounge S」に標準装備。アルファードの最上級グレードが誇る、極上の装備です。シート表皮にはプレミアムナッパ本革表皮を採用。電動で前後140mmの伸縮調整ができるパワーオットマンが搭載されているので、脚をゆったり伸ばして座ることができます。また木目調パネルが採用された格納式テーブル、携帯&スマホホルダー、ファイルホルダーなど便利な機能も充実しており、まさにラウンジでくつろいでいるような居心地の良さを感じさせます。サードシートを使用する際に、簡単なスイッチ操作で乗降できるのも魅力です。

[7人乗り専用]エグゼクティブパワーシート

「G“Fパッケージ”」/「SR“Cパッケージ”」/「GF」/「SC」/「S“Cパッケージ”」に標準装備。最大500mmの前後シートスライド(手動)とパワーリクライニングを搭載したシート。パワーオットマンが搭載され、電動で展開や格納が可能です。さらにカップホルダー付きアームレストや、折りたたみ式サイドテーブルも装備した贅沢なシートです。

[7人乗り専用]リラックスキャプテンシート

「G」/「SR」/「X(7人乗り)」/「S(7人乗り)」およびサイドリフトアップチルトシート装備車の右席に標準装備。最大830mmの超ロングスライドが可能なシート。レバー操作による横スライドを活用すれば、リビングのような広い空間を作り出すことができます。マニュアルオットマン、回転式アームレストなども搭載されています。

[8人乗り専用]6:4分割チップアップシート

「X(8人乗り)」/「S(8人乗り)」に標準装備。ワンタッチで座面が跳ね上がるチップアップ機構が特徴。最大720mmのロングスライドと組み合わせれば、広いラゲッジスペースをつくることが可能です。

サイドリフトアップチルトシート

「G」/「X」/「S」/「GF」/「SR」にサイドリフトアップチルトシート装備車を設定。電動で車外へスライドダウン、さらに乗り降りしやすい角度にチルトするシート。立ち上がりや着座をサポートしてくれます。

サードシート

5:5分割スペースアップサードシート

 全車標準装備。左右に跳ね上げて格納する「スペースアップ機能」を採用。乗車人数や荷物の量に合わせて、さまざまな活用ができます。スライドやリクライニングも可能です。

1 2 3 4

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS