クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • アルファードの内装は高級感あふれるラグジュアリー空間!
CUSTOM
share:

アルファードの内装は高級感あふれるラグジュアリー空間!

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 PHOTO: トヨタ自動車

■アルファードの充実したコンフォート

 車内のすみずみにまで「おもてなし」の心が感じられるアルファードのインテリア。空調や照明、収納など、快適性や居心地の良さを高めてくれる装備をご紹介します。

フルオートエアコン(全車標準装備)

室内の前後に設置された温度センサーが室温を検知し、自動的にコントロールするオートエアコンを採用。

パーソナルランプ(全車標準装備)

フロントに2個、リヤに4個のパーソナルランプを装備。夜間の車内で光が必要な際に活躍します。

ナノイー

[ハイブリッド車]標準装備/[ガソリン車]「Executive Lounge」/「Executive Lounge S」/「GF」/「G」/「SC」/「S“Cパッケージ”」に標準装備(「X」/「S」グレードはメーカーオプション)。フロントとリヤに、クルマの中でエステ気分を楽しめる「ナノイー」が搭載されています。

8スピーカー

「Executive Lounge」および「Executive Lounge S」グレード以外の全車種標準装備。8スピーカーでバランスの良いサウンドを楽しめる、ディスプレイオーディオ専用サウンドシステムが標準装備されています。

充実の収納

大型のコンソールボックスにはカップホルダー2個と小物トレイ、リヤエンドボックスにはフタ付き小物入れと収納ボックスが付いています。さらにコインポケットやシートバックポケットなど、各席から便利に使える収納が充実しています。

スマートエントリー(ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能付)+プッシュスタートシステム

「Executive Lounge」/「Executive Lounge S」/「G“Fパッケージ”」/「G」/「SR“Cパッケージ”」/「SR」/「GF」/「SC」/「S“Cパッケージ”」に標準装備。設定した検知エリアに近づくことで、スライドドアが自動で解錠されオープン。さらにクローズ後の施錠を予約できる機能も搭載した、便利なスマートエントリーシステムです。

パワーバックドア

「Executive Lounge」/「Executive Lounge S」/「G“Fパッケージ”」/「G」/「SR“Cパッケージ”」/「SR」/「GF」/「SC」/「S“Cパッケージ”」に標準装備。スイッチ操作で自動開閉できるバックドア。挟み込み防止機能も搭載され、子ども連れの外出などにも嬉しい装備です。

開口幅の広いスライドドア

 スライドドアの開口部は幅780mm。サードシートにもアクセスしやすく、荷物を持っての乗降にも便利です。

幅広く低いステップ

 後席の乗降口のステップは幅180mm、高さ350mmと、従来の大型ミニバンのイメージより低く幅広く設定されています。

アシストグリップ

 スライドドアの開口部には、大型のアシストグリップを標準装備。高齢者や足元に不安のある方の乗降をサポートしてくれます。

頼もしいラゲッジスペース

 ファミリーカーとしても人気のアルファードは、シートアレンジによってさまざまに変化するラゲッジスペースの収納力も魅力です。

スペースアップ機能

 サードシートを左右に跳ね上げ、収納スペースを拡張する機能です。中央席のヘッドレストは取り外して床下収納スペースにしまうことができます。ラゲッジルームの左右にはランプが設置されていて、夜間の積み下ろしも安心です。

床下収納

 デッキボードを取り外せば、148Lという大容量の床下収納スペースがあらわれます。ラゲッジスペースの高さを拡張することができるので、観葉植物など背の高い荷物を積む際にも便利です。

1 2 3 4

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS