クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 負けられない戦いがある! 軽自動車だらけの200マイル耐久レース「TAKASU.66」開幕
SPORT
share:

負けられない戦いがある! 軽自動車だらけの200マイル耐久レース「TAKASU.66」開幕

投稿日:

TEXT: 青山義明(AOYAMA Yoshiaki)  PHOTO: 青山義明

新旧の軽自動車が入り乱れての戦いが開幕!

 福井県にあるタカスサーキットでは、オープン以来長年に渡って軽自動車だけの耐久レースが開催されている。この耐久レースシリーズ「TAKASU.66 CHAMPIONSHIP(タカス・コンマロクロク・チャンピオンシップ)」開幕戦が5月16日に行われた。 昨季からマンガ「CROSS OVER REV!」の冠が付いたこのシリーズは、本来なら開幕戦に合わせて作者の山口かつみさんも来場する予定だったが、居住地域に緊急事態宣言が出されたため、残念ながら欠席となってしまった。

TAKASU.66 CHAMPIONSHIPの開幕戦の様子

開幕戦は200マイルレース/210周で争われた

 全4戦で争う「TAKASU.66 CHAMPIONSHIP」は昨シーズンの開催が危ぶまれたが、無事に全4戦を実施できた。今季もこの5月からシーズンがスタート。参加者たちも待ち望んだ一戦となった。全戦のレース距離が異なるシリーズで、開幕戦は200マイルレース。約320kmの210周で争われた。

TAKASU.66 CHAMPIONSHIPの様子 また今季は、エントラントの意見や要望を反映させる形でクラス分けを実施。なんでもありのオープンクラスともいえるTC-1(NA車)とTC-2(ターボ車)から、旧規格、新規格、さらにはHA23アルトとHB23キャロルだけのTC-7と、車両の仕様別にTC-1からTC-7までの7クラスが組まれており、車両の識別はゼッケンの色によって判断できる。

 ほかにもAT車両によるTC-ATクラスと、新設のナンバー付き無改造クラス(TC-Nクラス)もあり計9クラスを設定(本来なら大学選手権クラスTC-Cもあるのだが、このコロナ禍の影響で学生が活動できていないため今シーズンは休止)、ビギナーからエキスパートまで楽しめるような仕組みとなっている。

 また、レース前日は「おもいっきり走行会」と題して、終日練習走行できる日を設けるなどの気遣いもあり、通常戦となる今回は1チーム2名以上(第3戦の8時間耐久では3名以上)での参戦が可能になっていた。

TAKASU.66 CHAMPIONSHIPの様子

1234

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS