クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

「AT」の記事一覧

ジュークのスポーツモード

AT車の「スポーツモード」の正しい使い方とは? 燃費向上や渋滞回避、さらにはあおり運転の誘発を避けることができます

ひと昔前のオートマチック(AT)車には、オーバードライブ(O/D)ボタンが備わっていました。今では、スポーツモード機能を採用するモデルが増え、同様の効果が得られます。速く走るための機能に見えますが、うまく活用すればスムースな運転が可能になります。

なぜAT車のシフトセレクターは初見殺しが多いのか?「誤操作の防止」から「個性の演出」へと変遷した歴史を振り返ります

現在ではほぼすべての乗用車に採用されている「オートマチックトランスミッション(AT)」。そのセレクターは形状もレイアウトも多種多様で、初めて乗るクルマだと使い方に戸惑うこともよくある話です。セレクターがなぜこれほど多様化したのか、歴史と背景を解説します。

パドルを使わないほうが速い!? サーキットのAT車は「Dレンジ固定」が意外とアリだった

サーキット走行といえば操る楽しさとして、MT車が好まれていた。だが、ここ数年で新車のMT車の採用が少なくなり、CVTやDCTが主流だ。一方で2ペダル車には、パドルシフトやマニュアルモードが採用されているモデルもある。サーキットでは「D」レンジのままのほうが速いのだろうか?

「体重が軽いヤツが速い」は本当か? サーキットでよく聞く「都市伝説」の真相を暴く

カートは体重が重いと遅い? AT車はサーキットに不向き? クルマ好きならサーキット絡みの都市伝説は一度は聞いたことがあるはず。そこで今回、本当にその「都市伝説」が本当か嘘かをじっくり検証する
2ペダルATとMTはどっちが速い

MT車はもう必要ない? スポーツ走行するなら「DCT」一択な理由とは

一昔前なら、サーキットを走る場合AT車よりMT車が速いと言われてきた。ポルシェはサーキットで戦う市販車ベースのモータースポーツ専用もでるに2ペダル車を採用して速さを追求しているが、MT車とAT車どっちが速いのかをレーシングドライバーが解説

オートマでもサーキットは楽しめる? AT&CVT限定クラスで盛り上がる軽自動車レースの世界

スポーツ走行を気軽に楽しむ選択肢 「スポーツ走行を楽しむならばMT車」。昔は当たり前だった言葉も今や死語になりつつある。新車の大半をATまたはCVTの2ペダルが占める現在、「MTじゃなければ走りを楽しめない」なんて考えは […]

share:

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS