コロナ禍でストレス発散? パパのお小遣いでギリ買える「中古輸入MT車」 (2/2ページ)

スポーツカー気分で軽快な走りも楽しめた経済的なフォードKA

 先に挙げた車種のうちフォードKAは、某中古車雑誌で見つけた中古車だった。買う瞬間は気持ちが高揚していて、後で考えると70万円は高かったかな〜とも思ったが、正規導入直前にイギリスと南フランスの試乗会で乗ったその時の印象のままに、1.3LのOHVエンジンは決してパワフルではなかったものの回せば爽快なエンジンフィールだったし、何でもない足まわりだったが意外と低重心で、スポーツカーの気分でワインディングを走らせることもできた。

【関連記事】300台弱しか販売されなかった幻の日産「サニーVZ-R」を知ってる? 「シビック タイプR」をカモれるサニーとは

セカンドカーに欲しい中古輸入MT車画像はこちら

 5速MTもスコスコとリズミカルに操作が可能で痛快。ある時、係員のいる駐車場で「これ、軽自動車じゃないよね?」と念を押されたことがあったが、あのクルマの人畜無害そうなルックス、キャラはそうやって少し世間を和ませる効果もあったかもしれない。セカンドカーに欲しい中古輸入MT車画像はこちら

 中古車だったKAだが乗っている間、幸い大きなトラブルは経験しなかった。1度だけホーンが鳴らなくなりディーラーで純正の新品(プッ! というかペッ! と鳴るプリミティブな単音のヤツ)に取り換えたことがあったが確か数千円の費用で済んだ。

スポーティMT車がリーズナブルに購入できる輸入車が狙い目

 セカンドカーに話を戻せば、2台目をどんなクルマにするか、は、人それぞれのパターンや環境次第。だが、世の中のお父さんの身になると、メインにミニバンがあって実用上こと足りているのなら、ここは思いきって趣味性の高いクルマを選ぶというのもアリだ。セカンドカーに欲しい中古輸入MT車画像はこちら とくに輸入車、それもMT車などだったら存分に楽しめていいだろう。ただしMT車というと車種がある程度絞られる上、流通量も決して豊富ではないはず。とはいえ中古車市場の専門家ではないので無責任なことを書くわけにはいかないが、車種として出会う可能性があるのは当然スポーティモデルで、A&BセグメントならVWルポGTIやフィアットHGTアバルト、シトロエンC2 1.6VTS、プジョー206RC、ミニ・クーパーS(初代BMWミニ)など。

 Cセグメント以上なら、アルファ156は初期モデルなら2LもV6(2.5L)もMT車のみでスタートしたモデルだし、147でもMTの用意があった。ルノー・メガーヌIIルノースポール、BMW330Ci(E46のクーペボディ)、VWゴルフ、コラードといったMT車も希少だが見つかる可能性はありそうだ。セカンドカーに欲しい中古輸入MT車画像はこちら

 ただし注意も必要だ。たとえば価格を50万円以下に絞ると、車種にもよるが年式もそれなりに低いのが一般的。MT車の場合はAT車との人気差でお値打ち価格になっていることも考えられるが、いずれにしてもコンディションは個体ごとの判断になる。信頼できる目利きのいる販売店に出会えれば、メンテナンスまで任せながら不安なく乗り続けることができるだろう。セカンドカーに欲しい中古輸入MT車画像はこちら コロナ禍で大変な時代ではあるが、気分を変えて低負担でカーライフの楽しみの幅を広げてみるのもよいかもしれない。