「カロ」「モモ」「ロンサムカーボーイ」! オヤジ世代なら「胸キュン」のカスタムブランド4選 (2/2ページ)

ロンサム・カーボーイ(パイオニア)

 最近のクルマではオーディオを交換するということ自体が不可能な、インパネ一体式のディスプレイオーディオを採用する車両も多くなっている。だが、昔はクルマを購入したらまずはオーディオを交換するのが当たり前という時代だった。

 当時は「カーステレオ」と呼ぶことが一般的で、パイオニアがリリースしていた「ロンサム・カーボーイ」は、クラリオンの「シティコネクション」と人気を二分した。ロンサム・カーボーイはフェザータッチボタンや、オペレーションフラップと呼ばれる開閉式のフェイス部分などが特徴的だったのだ。

【関連記事】コロナ禍で入居待ちが続出? クルマが主役の「ガレージアパート」気になる「コスト」と「住みやすさ」

ロンサムカーボーイ画像はこちら

 現在、ロンサム・カーボーイブランドは「カロッツェリア」に名前を変えているが、当時のCMを覚えている人も多いのではないだろうか。

ピレリ

 古くからモータースポーツで名を馳せたピレリタイヤだが、あのころの高性能タイヤと言えばピレリというイメージがあった。また、当時のカスタムカーに装着するような太いサイズを用意していたのもピレリのみであり、今では考えられないほどの高値で販売されていたのである。

ピレリタイヤを装着したS30フェアレディZ画像はこちら

 もちろん現在でもピレリはモータースポーツはもとより、フェラーリやポルシェといったハイパフォーマンスモデルの純正装着タイヤとして高性能なものをリリースし続けている。だが一方で2015年から中国の国有科学企業の傘下となったことで、一部のカー用品店などで一部商品が格安タイヤとして販売されているようになり、複雑な気持ちで見ているあのころを知る人も多いハズだ。

ピレリの最新F1タイヤ画像はこちら

画像ギャラリー