「達成できてしまったらそれは単なる目標」チェアウォーカー長屋宏和さんの「見果てぬ夢」とは (1/2ページ)

「達成できてしまったらそれは単なる目標」チェアウォーカー長屋宏和さんの「見果てぬ夢」とは

不屈の精神力で挑戦を諦めない長屋さんの「最終目標」とは

 14歳でレーシングカートを始め、F1ワールドチャンピオンを目指して、着実にステップアップを遂げていたレーシングドライバーの長屋宏和さんは、全日本F3選手権に参戦していた2002年、ゲストドライバーとして参戦したF1世界選手権日本グランプリの前座レース、「フォーミュラ・ドリーム」で大クラッシュ。頸髄を損傷したことにより四肢麻痺となり、チェアウォーカーとしての生活を余儀なくされた。しかし、持ち前の行動力とチャレンジ精神で、カートレースや洋服作りなどの様々な事に挑戦し、現在はチェアウォーカー・ファッションブランド「ピロレーシング」を立ち上げ、アパレル業界でプロデューサーとして活躍している。

 そんな長屋さんに、大事故から約19年が経過した2021年6月、筆者はインタビューをする機会を得ることができた。長屋さんがインタビューの場に選んだのは、御徒町にある「トレーニングセンターサンプレイ」。驚くべきことに、自身が通うトレーニングジムである。

 

トレーニングの理由は「レースをしていたころの自分に戻りたい」

 それも、一般的に想像する普通のジムではなく、店内の至るところに筋骨隆々のボディビルダーの写真やトロフィーなどが飾られ、利用者もほぼ全員が鍛え抜かれた筋肉質なボディを持つ、かなり本格的なトレーニングジムだったのだ。さらに驚いたのは、四肢麻痺により、肩から下がほとんど動かせないはずの長屋さんがダンベルを手に縛り付け、かなりハードな加圧トレーニングを行っていたことだった。筆者は思わず、そんなハードなトレーニングをしても体に支障はないのかと心配してしまったが、長屋さんはトレーナーのメニューを最後までこなし、体を鍛え続ける理由を話し始めた。チェアウォーカー長屋宏和

「トレーニングを始める前は、年1回は風邪をひいていたし、肺炎で入院して死にかけたこともあるぐらいだったのですが、ここに来て体を動かしていると、常に元気でいられるんです。1週間とか期間があいてしまうと、不調になるぐらい。だから、なるべくサイクルを変えないように、ここに通っています」

 確かに、体を動かすことは健康にいい。それは周知の事実だと思うが、健常者の筆者ですらキツイと感じるような高負荷をかけながらのトレーニングを行う意味が、いったいどこにあるのだろうか。

「僕は事故をした後も、すぐにトレーニングに通いたかったんです。でも、僕の障害は指が使えないので、トレーニング=握らないとできないという固定概念があって……。もちろん走ったりもできないし、どうしても一歩が踏み出せなかったんですよ。チェアウォーカー長屋宏和 でも、洋服のリフォームの仕事を長年やっている僕の母が、歌手の長渕剛さんの衣装のリフォームを担当していて、母の仕事に付いていったときに長渕さんが『長屋君、トレーニングはしないの?』と、聞いてくれたんです。その話の流れから紹介してもらったのが、このサンプレイでした。ここはトレーニングのレベルがかなり高いジムなので、ゴールドジムなどに通ってる人が憧れる場所でもあるんです。」

 長渕剛さんの紹介でサンプレイに来てみたものの、ジムのレベルの高さに圧倒された長屋さんは、自分にできることはあるのかと、不安を覚えたという。

「担当トレーナーの近藤さんとの力比べから始まって、こういう発想があるんだと感心させられました。力比べがトレーニングになるというのは、僕にはない発想だったので。そこから少しずつ、近藤さんが僕にできることを探してくれて、やれることが増えていったんです。さまざまな工夫をすることで、やれる種目もどんどん増えて。だから、トレーニングを始めるきっかけがあったとかではなく、トレーニングをしたいという気持ちをずっと持っていて、理想通りのトレーニングができる場所が見つかったというほうが正しいかな。チェアウォーカー長屋宏和

 トレーニングを始める前は、体調を崩すたびに筋肉が落ちていって、体がどんどん細くなっていって……。事故をした直後とかは、それ以前にトレーニングをした筋肉が残っていたけど、動かなくなったり体調を崩すと、どんどん使えないところが細くなっていくんですよ。でも、レースをしていたときの自分に戻りたいし、健常者の自分に負けたくない。だから、意地でも何とかしてやろうと思って、ここに通い続けてます」

「使えるところは鍛錬しないともったいない」

 そんな長屋さんのトレーニングについての話の中で、筆者が一番印象的だったのが「背中は動くので、使えるところはイジメないともったいないです」という言葉だった。「体のほとんどが使えないんだから、鍛える必要はない」私ならそう考えて、知らないうちに自分でやれることの可能性を、どんどん減らしていったかもしれない。しかし、動かない部分があることを理由に体を鍛えないのは、長屋さんにとっては甘えなのである。例え使える部分が少なかったとしても、そこを最大限に使わないことはもったいない。それは、体だけに限らず、すべてにおいて言えることではないだろうか。

「僕は、どんどん自分が動けるようになることで、近藤さんが喜んでくれると嬉しいし、近藤さんが容赦ないトレーニングメニューを考えてくれるのも嬉しいんです。障害があるからどうとか、気を遣われるのが僕は嫌なんです。ここは、『これぐらいでいいかな?』というレベルではなく、容赦なく負荷をかけてくれるので満足度が高くて、だから続けられるんです。自分が思っているさらに上のメニューを作ってくれるから、また来週も来たいと思えるんだと思います」

画像ギャラリー