「旧車でも気負いせず快適に乗りたい」専門店代表が手塩にかけた愛機「S30フェアレディZ」 (1/2ページ)

「旧車でも気負いせず快適に乗りたい」専門店代表が手塩にかけた愛機「S30フェアレディZ」

自動車業界人が愛する国産旧車

 クルマ業界には「仕事はクルマ関係で、趣味もクルマ」という方が少なくない。オンもオフも大好きなクルマにどっぷり。そんな「カーガイ」たちは、普段どんなクルマに乗っているのだろうか? 今回は、旧車好きの間ではお馴染みの「スターロード」代表の愛車を取材した。

初出:HIACE style vol.87付録(一部加筆)

旧車でも快適に乗れるクルマに仕上げる

 旧車のカスタマイズを行うスターロード代表・井上正嗣氏が愛する名機フェアレディZ。ホワイトボディ状態から作り上げられたこのクルマは、オリジナルパーツを組み込み、独自の技術力で加工を各パーツに施すことで、ボディデザイン&剛性、エンジンパワー、走行フィールなどすべてにおいて高いパフォーマンスを発揮するクルマに仕上げられている。

【関連記事】5000万円オーバー! バブル期の「小ベンツ」の最終進化系「190Eエボ2」はメーカー純正だった

スターロード・フェアレディZ画像はこちら 井上氏のカスタムポリシーは、「旧車だからといって気負いせず、誰もが快適に乗れるクルマに仕上げる」ということ。そのため、カスタマイズされているスペックを見てみるともの凄いマシンに仕上がっている……と感じてしまう。だが、いざクルマを走らせてみると気難しさは微塵もなく、渋くキマッたノスタルジックスタイルのハイパフォーマンスカーを快適に走らせることができるのだ。