「闇プラクティス」が存在した「イープル」! ジムカーナステージがあった「サファリ」! 驚天動地のWRCよもやま話 (1/2ページ)

「闇プラクティス」が存在した「イープル」! ジムカーナステージがあった「サファリ」! 驚天動地のWRCよもやま話

ヨーロッパ屈指の難関ターマック「イープル・ラリー」

 世界ラリー選手権の第8戦は8月の半ばにベルギーのイープルで行われた。トヨタはカッレ・ロバンペラのヤリスWRCが3位、勝田貴元はコースオフリタイア。宿敵ヒュンダイ i20クーペ WRCがヌービル、ブリーンでの1-2フィニッシュとなった。トヨタは依然シリーズをリードだが、終盤に向けての展開にさらなる興味が湧いてきた。
 

 伝統あるイープル・ラリーが初のWRCとして開催されたわけだが、その昔、ヨーロッパ選手権の最上級イベントとして評価されていたころの1994年に、三菱のランサーエボリューションで出たことがある。当時のよもやま話だがお届けしよう。

【関連記事】HREは2台とも上位フィニッシュならず! 第20戦「UNOH 200 presented by Ohio Logistics」のレポート【NASCARトラックシリーズ2022】

1994年イープル・ラリーは夜のターマックもあった画像はこちら

「闇のプラクティス」があった古き良きイープル

 ほとんどのステージは日本でいえば農道。高低差が少ない平らな地形のため、長い直線と交差点のコーナーが多い。ただ日本と違うのはスピードだ。狭い農道で200km/h近いスピードが出る。

【関連記事】HREは2台とも上位フィニッシュならず! 第20戦「UNOH 200 presented by Ohio Logistics」のレポート【NASCARトラックシリーズ2022】

狭いターマックだが速度が高いイープル画像はこちら

 そしてコーナーはほとんどがインカット!

 だから行くまで泥がどれぐらい出ているかわからないという怖さがある。ヨーロッパの舗装ラリーで一番難しく、怖かった印象だ。コーナーはダート部分をカットインで走るのでコンディション複雑画像はこちら 出場していたその年の大会では雨のなか、ほんのわずかにある石畳の路面で滑ってひっくり返ってしまった! まんまと罠にはまったのだった。

 本番のイープル・ラリーも華やかで面白かったのだが、一番の見どころは夜中の闇プラクティスだった!

 ラリーコースのペースノートをつくるために認められている走行の「レッキ」ではなく、ステージを丸々使った本番車による全開プラクティスなのだった。スタート地点もフィニッシュ地点も本番通りの位置に置かれている。どうも闇プラクティスを仕切る闇オフィシャルがいるようだ(笑)。

 ギャラリーも驚くほどたくさん集まる。もうちゃんとした? イベントの体を成してる、のだった。

 しかしこれだけ派手でにぎやかになると、警察も黙っていない。ときどき取り締まりが入り、大追跡劇が始まる。

 警察もただ追うだけではラリーマシンに逃げられるので、脇道を固めて一網打尽にしようとする。しかし闇のオフィシャル? がそこかしこにいて無線で警察の動きを知らせてくるから、みんな隙をついてブロックされていないところから逃げてしまう。

2021年WRCとなったイープルのSS画像はこちら オイラは訳が分からんから、参戦せずにギャラリーをしていた。いやー面白かった。闇な感じがこれまたドキドキしてエキサイティングなのだ。

 右往左往するパトカーの隙間をついて逃げて行くラリーカーも、最高だった! WRCに昇格するぐらいだから今はもうこんな夜のエンターテインメントもないんだろうね~。