今人気沸騰中のハンターカブ! 腐食した「エキパイ」を「ほぼ0円」で修理してみた (1/2ページ)

noteで書く
今人気沸騰中のハンターカブ! 腐食した「エキパイ」を「ほぼ0円」で修理してみた

CT110ハンターカブを楽しく修理!

 イラストレーターでDIYが大好きな阿部忠雄さんが、26年所有するホンダCT110 ハンターカブ。キャンプツーリングの相棒として、自分好みにカスタマイズを続けている。そんな阿部さんがこれまでいじってきたなかで、「これはオススメ!」なモディファイをお伝えしよう。今回は、腐食した「ある部分」を自分で修理!

オフロードを想定して設計されているハンターカブだけど

 海外の広大な牧場などで活躍するハンターカブ。牧草がエンジンやチェーンなどにからみ付くのを防ぐために、しっかりとしたエンジンガードやチェーンケースが装備されています。そのため林道ツーリングでジャリ道や草やぶに分け入るようなシーンでも躊躇なく走ることができるのです。CT110ハンターカブそのうえ乾燥した牧草などが、高温になる排気系に接触しないようにという配慮からなのでしょうか、エキパイの始まり部分からアップマフラーの排気口付近まで、少し長すぎるくらいのヒートガードで覆われています。CT110ハンターカブこのヒートガードをエキパイに留めている金具と断熱材にサビが目立ってきたので、サビを落としてエキパイの再塗装をしようと思い分解しました。

8年ノーメンテだったエキパイは劣化していた

 金具を外してビックリ、サビサビの断熱材といっしょにエキパイの壁まで剥がれ落ちてしまいました。CT110ハンターカブエキパイの始まり部分を挟んでいるヒートガードを開いてみると、やはりここもサビだらけで断熱材の下はもう少しで穴が開くギリギリの状態です。CT110ハンターカブ写真の日付けが 2003年ですから、新車で購入してから8年ほど過ぎたころのことです。まさかエキパイに穴が開くほどまでになっているとは思いもしなかったのでショックでした。もっと早くにメンテしていればここまで酷くはならなかったのに……。

noteで書く

画像ギャラリー