トーヨータイヤ装着車が過酷なオフロードレース「バハ400」で総合優勝! 約650kmをトラブルなく完走

トーヨータイヤ装着車が過酷なオフロードレース「バハ400」で総合優勝! 約650kmをトラブルなく完走

この記事をまとめると

  • アメリカで絶大な人気を誇るOPEN COUNTRY M/T-Rを装着
  • 過酷なバハ400をノートラブルで走破
  • 最終戦にも供給し優勝を目指す

過酷なレースをトラブルなく駆け抜けた!

 トーヨータイヤおよびToyo Tire U.S.A. Corp.(以下、TTC)は、9月14日から6日間にわたってメキシコで開催されたオフロードレース「第2回 SCORE BAJA 400(バハ400)」において、同社の「OPEN COUNTRY M/T-R」を装着したBryce Menzies(ブライス・メンジス)選手チームが総合優勝を果たした。また、Jason McNeil(ジェイソン・マクネール)選手はTrophy Truck Spec部門においてクラス優勝を遂げている。

優勝した表彰式のシーン バハ400は、2019年に「SCORE World Desert Championship」の第3戦として親切された大会。全行程400マイル(約644km)、起伏に富んだ砂漠地帯、岩場の多い山岳地帯などをノンストップで走る過酷なオフロードレースである。

 マシンに装着されていたOPEN COUNTRY M/T-Rは、SCORE World Desert Championshipをはじめとした国際的なオフロードレースに数多く参戦。そして制覇し続けノウハウを蓄積、ピックアップトラック/SUV/CUV用タイヤに求められる耐久性や耐外傷性を高めてきた。さらに、アグレッシブさを感じさせるトレッドパターンを採用している。このOPEN COUNTRYシリーズは、大型SUV人気の高いアメリカで高く評価され、支持されている。

タイヤ Bryce Menzies選手はエラーやペナルティもなく、8時間26分59秒で見事完走。2021年シリーズ第1戦「SCORE San Felipe 250」に続き、2度目の総合優勝となる。レースを振り返り、「今年のコースは、今までバハの地でレースをしたなかでも、もっともテクニカルなコースのひとつだった。400マイルの間にいくつものコーナーやさまざまな地形を通過するため、一日中全力を尽くす必要があった」とコメントした。

走行イメージ トーヨータイヤとTTCは、11月15日(月)〜20日(土)にかけて開催される、SCOREシリーズ最終戦「SCORE BAJA 1000」にもOPEN COUNTRYシリーズを供給し、各マシンをサポートしていく予定だ。

画像ギャラリー