【試乗】単なるノートの「上級グレード」ではない! 日産ノートオーラが「小さな高級車」と断言できる理由とは (1/4ページ)

【試乗】単なるノートの「上級グレード」ではない! 日産ノートオーラが「小さな高級車」と断言できる理由とは

小さな高級車を実現した1台

 これまで、日産のテストコースで試乗していた日産ノートオーラだが、いよいよ晴れて公道を走る機会を得た。コースは高速道路と一般道、グレードはG FOURレザーエディションだ。

 ところで日産ノートオーラは、1.2Lのガソリンエンジンで発電してモーター走行を行う。電欠を心配せずにEV走行を味わえるシリーズハイブリッド=e-POWERだけで勝負に出た、日産ノートの単なる上級グレードと思うのは間違いだ。

【関連記事】マツダ「CX-60」が出荷延期! 何が問題だったのか、1000km走って検証しました

日産ノートオーラ画像はこちら

エクステリアはルーフとフロントドア以外はノートとまったくの別物

 何しろ、プレミアムコンパクトとして内外装の上級・上質化はもちろん、全幅1735mmとなるノート初の3ナンバーとなるワイドボディ、ノート比+20mmのワイドトレッドを採用。エクステリアはルーフとフロントドア以外はノートと別物であり、間もなく登場するはずのピュアEVのアリアと共通するデザインの薄型LEDヘッドライト、横一直線のLEDリヤコンビランプをあしらう。

【関連記事】マツダ「CX-60」が出荷延期! 何が問題だったのか、1000km走って検証しました

日産ノートオーラ画像はこちら ワイドボディと相まって、堂々たる存在感、先進感、プレミアム感を漂わせるのは、タイヤをノートが装着する16インチのエコタイヤから、欧州車でも採用例の多い17インチのBSトランザに変更しているからでもある。日産ノートオーラ画像はこちら

プレミアム感あふれるインテリアにも注目

 インテリアもプレミアムな作り込みを徹底している。12.3インチのTFTアドバンスドライブアシストディスプレー=デジタルメーターと、連続する9インチの日産コネクトナビ画面(メーターパネルのサイズはノートと同等だが、見え方が異なる)の先進感が際立つ。日産ノートオーラ画像はこちら さらにインパネ、センターコンソール、ドアトリムには上質感を演出するツイード調織物が巻かれ、高級感ある微細加工の木目調パネルがあしらわれるなど、プレミアムコンパクトらしいデジタルコクピットに仕上がっているのだ。日産ノートオーラ画像はこちら