ホンダNSXも生産終了!「エコ」と「走り」を両立するハイブリッドスポーツカーが増えない理由 (1/2ページ)

ホンダNSXも生産終了!「エコ」と「走り」を両立するハイブリッドスポーツカーが増えない理由

輸入車も高級スポーツモデルがほとんど

 ホンダNSXが最終モデルの受注を始めることで、日本の超高性能ミッドシップスポーツカーが来年以降は姿を消すことになる。

 ホンダは初代NSXでアルミ車体の導入や、誰もが運転できるミッドシップスポーツカーという価値を提案した。現行NSXでは、世界的にも希少なハイブリッドのスポーツカーを実現した。その基となったのは、ホンダの最上級車レジェンドに採用された、3モーター式のハイブリッドシステムである。

HVは部品も多くなり原価も高くなってしまう

 ハイブリッド車といえば、トヨタが世界で初めてプリウスで量産市販し、普及を目指した。今日では世界の多くの自動車メーカーが、HVやプラグインハイブリッド車(PHEV)を販売するに至っている。スポーツカーではフェラーリがPHEVのスポーツカーを販売する。それ以外ではBMW i8がPHEVで、日本車ではレクサスLCや、ホンダCR-ZがHVだ。

【関連記事】「シビック」に「GR86」いまMTのクルマが増えている!? 最後に乗っておきたいオススメのMT車とは

BMW i8画像はこちら HVはその名の通り、エンジンと変速機を持ち、加えてモーターと駆動用バッテリーを搭載する。構成部品が多く、それらをどう車体に配置するか、エンジン車に比べ苦労するだろう。当然、原価も高い傾向となる。

パワートレイン解説画像はこちら スポーツカーとは、運転を楽しむことが何より第一の目的だ。そのためには簡素な機構が好ましいだろう。それを突き詰めていくと、ライトウエイトスポーツという姿にもなる。高性能を追求したスポーツカーも、エンジンを極めるほうが素直であり、そこにモーターという要素が入ることで環境の時代への普遍性は追加されても、運転を楽しむ目的以外の付加価値ということになる。