「R32GT-R」「スープラ」「NSX」! 憧れの「国産スポーツカー」を手に入れたオーナー達の幸せ過ぎる「カスタム」ライフ (1/2ページ)

「R32GT-R」「スープラ」「NSX」! 憧れの「国産スポーツカー」を手に入れたオーナー達の幸せ過ぎる「カスタム」ライフ

オールジャンルミーティングで見かけた注目モデルを紹介

 10月某日、オールジャンルミーティング「C/PARK DEP」がスポーツランドSUGO(宮城県)のMパーク駐車場にて開催された。全国各地から400台を越えるカスタムフリークを集めた本イベントだが、今回は国産ネオヒストリックカーにスポットを当てる!

ネオヒストリックカーの色褪せない魅力とは

 ネオヒストリックカーとは1980~1990年代に生産された車両で、280psウォーズと称されたハイパワー車を筆頭に、現在も人気の高い国産スポーツカーが多い。なかには異様とも思えるプレミアが付いて、新車価格を上まわるプライスの中古車も。そんなネオヒストリックカーに憧れた青春時代を送り、ようやく手に入れたオーナーたちに話を聞いてみた。金銭面やメンテナンスの苦労はありながら乗り続ける理由、また今のクルマにはない魅力やカスタムのコダワリは何だろうか?

【関連記事】27年乗り続けたトヨタ「ランドクルーザー70」に1000万円オーバー! 父から譲り受けたランクルは修復歴なし!?

ホンダNSX、トヨタ・スープラ、日産スカイラインGT-R画像はこちら

トヨタ・スープラ(JZA80):あえてNAのSZ-Rを選んだオーナーのこだわり

 まずはスープラ(JZA80)に乗るAさん。根っからのトヨタ党で以前はレクサスGS350に乗っていたが、当時も「スポーツカーを買うなら絶対に80スープラ!」と思っていたという。JAZ80スープラSZ-Rの外観画像はこちら

 グレードは280psのターボじゃなく自然なフィーリングのNAを選び、ミッションはターボと同じゲトラグ製6速を積む『SZ-R』だ。JAZ80スープラSZ-Rの外観画像はこちら

 基本的に純正のシルエットを踏襲するが、フロントのみRIDOXのバンパーとディフューザーを装着する。純正オプションのサイドとリヤとのマッチングも上々で、前後フェンダーのツメを折っていないのも大きなコダワリ。JAZ80スープラSZ-Rのホイール画像はこちら

 19インチのアドバンGTから顔を覗かせるブレンボ製キャリパーはR35純正で、ローターを含め前の愛車からブラケットをワンオフで作り移植したそうだ。またフロント3面のガラスにブレインテックの『ゴースト2ネオ』を施工するなど、80スープラが新車で販売されたころには存在しなかったカスタムも。

 スタイリングは当時のままピンポイントで最新の流行を取り入れ、カッコよさと乗りやすさを両立させて楽しんでいる。インテリアでは純正っぽいデザインに惹かれて購入したRIDOXのドリンクホルダー、ほかに付けている人を見たことがない純正オプションのシートカバーがポイント。JAZ80スープラSZ-Rのインテリア画像はこちら

 古いクルマだけに電装系のトラブルに見舞われたこともあるが、気に入らない部分がないほど惚れている80スープラだけに、これからもリフレッシュしつながら長く付き合い続けていくそうだ。