フェアレディZも値段が上がるのか? 昔は不人気だったけど今後注目の「90年代国産車」 (1/2ページ)

フェアレディZも値段が上がるのか? 昔は不人気だったけど今後注目の「90年代国産車」

今、再評価を受けつつある90年代の国産車

 さまざまな魅力あるモデルが登場し、今でも多くのファンが支持する90年代の日本車。当時から人気だった名車も数多く登場しましたが、バブルの名残からか冒険しすぎてあまり売れなかったモデルも……。しかし、そんな当時不人気だったモデルでも現在価格高騰中なモデルも多くなってきました。今回は現在再評価されているモデルたちをピックアップしてご紹介

日産フェアレディZ(Z32)

 4代目フェアレディZ、通称Z32はバブル真っ盛りの1989年に登場しました。ワイド&ローなスーパーカーチックなボディに自主規制いっぱいの280psというエンジンを搭載し、スポーツカーな雰囲気は満点でした。

【関連記事】馬力は「グロス」と「ネット」でなにが違う? イギリスと仏でも違う「馬力」の世界とは

日産フェアレディZ(Z32)の走行シーン画像はこちら しかし同時期に登場したR32スカイラインGT-Rは、グループAで勝つために開発された本気のスポーツカーでした。それに対し、クローズドボディより剛性に劣るTバールーフ、夏場はオーバーヒートを気にする狭い空間に押し込まれた3L V6エンジンなど、Z32はいささか見た目重視の軟派なスポーツカーとされてしまうことがありました。日産フェアレディZ(Z32)のインパネ画像はこちら 結果スカイラインGT-Rはチューニングベースとして人気を博しますが、Z32はそこまでの盛り上がりを見せず、絶版後もあまり話題となりませんでした。しかし、90‘sジャパニーズスポーツカーの高騰傾向の影響を受けてか、Z32も2021年現在値上がり傾向となっています。衝突安全基準などを考えるともうこれほどボンネットが低くて、フェンダーが薄いモデルもそうそう出てこないと思いますので、「カッコだけ」で買うのも多いにアリと言えます。日産フェアレディZ(Z32)のリヤビュー画像はこちら

三菱FTO

 1994年に登場したのがFTOです。搭載するパワーユニットは2リッターV6「MIVEC」エンジンは200psを発生。V6エンジンを搭載したFFモデルとしては運動性能にも優れており、FF最速の名を欲しいままにしました。三菱FTOのフロントビュー画像はこちら 1994年-1995年日本カー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれました。しかし、この勢いも最初だけ、翌1995年にホンダから上位クラスをも追い掛け回すFFスポーツカー、インテグラタイプRが登場すると、FF最速の座は取られてしまい苦戦を強いられてしまいます。三菱FTOのリヤビュー画像はこちら 整備性に優れない横置きされたV6エンジンや、インテグラタイプRよりも重たい車重などが敬遠されてしまいました。しかし、スポーツカー然としたエクステリアデザインと、2リッターV6という今後登場することのないエンジンが評価されてか、中古相場は高騰傾向。三菱FTOのV6エンジン画像はこちら 2021年現在市場に出ている台数が少ないこともあって、V6 MIVECエンジン搭載グレードのマニュアル車は200万円に届こうかという個体も存在。VTCEとはまた違うV6特有のエンジンサウンドを奏でるFTOは、ついつい踏みたくなってしまう1台です。

ユーノス・コスモ

 90年代といえば、各メーカーがこぞってスペシャリティクーペを登場させた時代でもありました。そんな時代の流れのなかで、1990年にマツダから登場したのが3代目コスモ。ユーノス・コスモのフロントビュー画像はこちら 3ローターエンジンを搭載したモデルとして有名ですが、世界初のGPSを利用したナビゲーションシステムや、乗員を囲むように伸びやかにデザインされ、レザーがふんだんに使われたインテリアなど、まさにフラッグシップクーペにふさわしい装備を持ったモデルでした。ユーノス・コスモのインパネ画像はこちら しかし、ツインターボで過給した3ロータリーエンジンはあまりにも燃費が悪すぎたためか(2km/Lという話も……)ヒットせず、バブルの崩壊もあり5年ほどで生産終了となってしまいました。ユーノス・コスモのインテリア画像はこちら しかし他に類を見ないエンジンを搭載していることと、優れたデザインが評価されてか中古車市場はこちらも高騰傾向にあります。ユーノス・コスモのリヤビュー画像はこちら