クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 砂浜でも安心して走破可能!「グリップコントロール」を搭載したサーファー仕様の「ベルランゴ」
OUTDOOR
share:

砂浜でも安心して走破可能!「グリップコントロール」を搭載したサーファー仕様の「ベルランゴ」

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 PHOTO: Citroën

  • フランスでは「ルドスパス」と呼ばれる
  • 特別仕様車「ベルランゴ・サーフエディションbyリップカール」
  • 随所にイエローのアクセントが入る
  • グリップコントロールは5つのモードを備える

シトロエンとサーフブランドがコラボした特別仕様車

 2019年に日本上陸したフランスのMPV「シトロエン・ベルランゴ」はポップなデザインと圧倒的な収納力を武器に、日本でもCITROËNの販売台数の一翼を担っている人気モデル。ユーティリティの高さゆえアウトドアシーンでも活躍し、今年の夏にはディーラーオプションとして車中泊用ベッドキットも発売されている。

 そして今度はサーファーに向けて、サーフィンブランド「リップカール」とコラボした特別仕様車が登場した。ルックスだけでなく、砂浜での走行シーンを想定した「グリップコントロール」機能をベルランゴとして初めて搭載しているのがポイントだ。

「遊び心」をたっぷり詰めこんだ「ルドスパス」

 フランスのメーカーから販売されている「シトロエン・ベルランゴ」と兄弟車「プジョー・リフター」、そのライバルである「ルノー・カングー」といったクルマは、日本では「ミニバン」と呼ばれたり、「MPV」あるいは「RV」とも呼ばれたりしているが、フランス本国ではこれらの車種を「ルドスパス」と呼んでいる。

 いずれも商用車をベースにしたコンパクトな乗用車で、「ルドスパス(Ludospace)」とは、ラテン語の「ルドス(ludos)=遊び」とフランス語の「エスパス(espace)=空間」を組み合わせた造語。文字どおり「遊びの空間」という意味になる。現在のシトロエン・ベルランゴは3代目で、1996年に初代ベルランゴが登場したころから、フランスで使われるようになったカテゴリー名なのだ。

フランスでは「ルドスパス」と呼ばれる

太陽と砂浜をイメージさせる「マットイエロー」がアクセント

 ベルランゴはポップでソフトなフレンチ・デザインがエクステリアにもインテリアにも一貫していて、見ているだけでも乗るだけでも楽しくなる「ルドスパス」。日常生活はもちろん、家族や友だちとのお出かけやアウトドア遊びなど、多彩なシーンで活躍している。

 11月11日にシトロエンが発売した「ベルランゴ・サーフエディションbyリップカール」は、サーフィンにフォーカスした特別仕様車だ。

 もともと車内スペースの大きさとアレンジの自在さが特徴のベルランゴは、助手席を前に倒せば最長で約2.7mの長尺物まで積むことができ、一部ロングボード、セミロングボード、ファンボードを車内に積んで移動可能。さらにリヤゲートはウインドウだけ開閉可能なのでユーティリティにすぐれていて、サーフシーンとの相性も良い。

特別仕様車「ベルランゴ・サーフエディションbyリップカール」

 サーフブランド「リップカール」とコラボした今回の特別仕様は、「ベルランゴSHINE」をベースに、ボディカラーは同モデル初となるグレーメタリックの「グリ・アルタンス」、アクセントカラーにゴールドを思わせるマットイエロー「リップカール・アルマイト・オーカー・カラー」を採用。このマットイエローは、サーフィンといえばお約束の砂浜と太陽の光をイメージしたという。

 ボディサイドには波をイメージした「リップカール」のブランドロゴを描くとともに、リヤのクオーターガラスにも小さく「リップカール」ロゴを配している。

 インテリアにおいてもシートにイエローのラインを入れたほか、随所にイエローのアクセントを取り入れて仕上げている。

随所にイエローのアクセントが入る

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS