クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 荷物も積めて走りもイイ! わがまま父さんにバカ受けの「国産ハイパワーワゴン」8選+α
CLASSIC
share:

荷物も積めて走りもイイ! わがまま父さんにバカ受けの「国産ハイパワーワゴン」8選+α

投稿日:

TEXT: 工藤貴宏 PHOTO: トヨタ/ニッサン/ホンダ/SUBARU/Auto Messe Web編集部

  • インプレッサWRXスポーツワゴンSTiバージョン
  • ランサーエボリューションのワゴン
  • アコードワゴン24T

かなえられたクルマに望むべきもの

 トヨタ・カローラフィールダーにカローラツーリング、マツダ・マツダ6、スバル・レヴォーグ、アウトバック、そしてホンダ・シャトル。それらの共通点がおわかりだろうか。日本で展開している国産車のステーションワゴンである。かつてに比べて車種は大幅に減ってしまったが、今はトレンドのSUVがステーションワゴンのニーズを埋めているといえるかもしれない。

 歴史を遡れば、2000年代初めのミニバンブームが起こる前の10年ほどの間が日本のステーションワゴンの絶頂期だった。きっかけは1989年にスバルから初代レガシィが発売されたこと。そのシリーズにツーリングワゴンが展開されていたのだ。初代スバル・レガシィツーリングワゴン

 ツーリングワゴン自体はレガシィの前身である「レオーネ」時代から存在したが、象徴的存在として用意されたターボエンジンのハイパワーワゴン「GT」の登場が、地位を大きく高めたのは間違いない。

ハイパーワゴンが割拠した時代 

 そんなワゴンブームは21世紀に入って終焉を迎えるが、その末期に起こったのがハイパーワゴンウォーズだ。各メーカーが、過激な性能のワゴンを登場させたのである。

 ワゴンブームの火付け役であるレガシィはGTシリーズを進化させ、1996年に登場した2代目の後期モデルではMT車が280psに到達。2代目レガシィツーリングワゴン

 日産は「アベニール」にSR20DETを積んだ210psの4WDモデル、日産アベニール

 2003年6月には「ステージア」に3.5LのV6エンジンを積んだ272psモデル(当初はオーテックジャパンによる特別仕様で後にカタログモデルへ展開)を用意した。日産ステージア

 1996年には三菱も参戦。「ギャラン」のワゴン版といえる「レグナム」には、280psのV6  2.5Lターボエンジンが用意されていた。三菱レグナム そうなるとトヨタも黙っていられるわけがなく、1997年デビューの2代目カルディナには260psのターボエンジンを積んだ「GT-T」が用意された。2002年登場の3代目では、「GT-FOUR」と名前を変えて継続されている。トヨタ・カルディナ  倒立式フロントダンパー&モノチューブ式リヤダンパーの専用足まわりにレカロシートを組み合わせ、ドイツのサーキットである「ニュルブルクリンク」のイニシャルからとった「Nエディション」なるモデルまで用意されていたのだから驚きだ。

 2002年から2007年まで販売されていた、ひとクラス上の後輪駆動ワゴン、マークⅡブリットでは、280psを発生する直6ターボエンジンの1JZが搭載されていた。多くは、レガシィツーリングワゴンGTに触発されたフォロワーと考えていいだろう。トヨタ・マークⅡブリット

過激さを極めたインプレッサとランサーの両雄

 しかし、そんなハイパワーワゴンのなかでもとくに過激なモデルといえば、1992年に最初のモデルが登場したスバル・インプレッサWRXのワゴンモデルと、2005年にデビューした三菱ランサーエボリューションワゴンの2台だということに異論を挟む人はいないはずだ。

 インプレッサWRXのなかでも1994年から展開された「STiバージョン」はエンジンの性能アップなど速さにこだわるモデルで、当初は持ち込み登録としていたほど特別な存在だった。

インプレッサWRXスポーツワゴンSTiバージョン

 一方「エボワゴン」の異名を持つランサーエボリューションのワゴンボディは、「エボⅨ」とその進化版の「MR」に設定。重量バランスの違い(車体後半の重量が増して前後50:50に近づいた)からセダンよりもハンドリングが良く、サーキットではオーバーステアを楽しめたのが印象的だ。

ランサーエボリューションのワゴン

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS