「車中泊したいならワゴンを買いなさい」評論家が断言する理由とは (1/2ページ)

noteで書く
「車中泊したいならワゴンを買いなさい」評論家が断言する理由とは

この記事をまとめると

  • 車中泊に向いた中古車を探すポイント
  • ハイルーフを好まないのであればワゴン
  • 7年落ちのレガシィツーリングワゴン、アテンザワゴン、フィットシャトルがオススメ

意外と悩ましい「車中泊がしやすいクルマ」の選び方

 車内で就寝するクルマとしては、一般的にはセレナのようなミニバン、ハイエースなどのワンボックスバン、N-BOXを始めとする軽自動車のハイトワゴンなどが購入の対象に入る。空間効率の優れた天井の高いボディは車内も広く、就寝に適するからだ。

 しかし例えば、立体駐車場の利用もできることを前提にすると、全高が1600mmを超えるミニバンやハイトワゴンは選びにくい。背の高いクルマに対応した立体駐車場もあるが、設計が古い場合の全高の許容を考えたら1550mm以下のクルマに抑えておきたい。

 また背の高いクルマの外観や高重心の運転感覚を好まないユーザーもいる。立体駐車場を利用しやすい全高で、車内の就寝が可能なクルマはないのだろうか。

ゆとりあるワゴンの良さは「走り」と「ちょうどいいサイズ」

 そこで候補に挙がるのがワゴン(ステーションワゴン)だ。全高は大半の車種が1550mm以下に収まり、室内高は低めだが、後席を畳むと長い荷室にアレンジできる。ここでは7年落ちになる2014年式のワゴンを取り上げたい。

 もっとも注目されるのは、スバルの5代目レガシィツーリングワゴンだ。全長は4700mmを上まわり、空間効率も優れているから、後席を倒して前席の背もたれも前側に寄せると約1900mmの荷室長を確保できた。

【関連記事】タイムスリップしたかのような優雅すぎる趣味! クラシックカー・ピクニックに憧れしかない

レガシィツーリングワゴン画像はこちら5代目はボディが大柄になって人気も下がったから、2014年式の中古車価格は、2.5iであれば120〜140万円で用意される。GTは高いがベーシックなグレードは買い得だ。

 アテンザもレガシィツーリングワゴンと同様、後席を倒すと最大で約1900mmの荷室長を確保できる。車内の宿泊に適したワゴンだ。アテンザワゴン リヤビュー画像はこちら

 現行型の登場は2012年だから、2014年式なら現行型を買えることも魅力になる。価格は現行型の割に安く、110〜140万円が充実する。クリーンディーゼルターボのXDは高めだが、2.5Lガソリンエンジンの25S・Lパッケージには割安な車両が多い。ワゴンだから走行距離は全般的に長く、7年落ちだと5万km以上の車両が目立つが、現行型だから外観の古さは感じない。アテンザワゴン画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー