軽量化のため「ラゲッジの床」すらなかった!「インプレッサWRX STI スペックC」は「地上を走るゼロ戦」だった (2/2ページ)

noteで書く

エアコンレスは当たり前! アシストグリップの取付用のボルト穴すらオミット

 インテリアではエアコン、パワーウインドウレスは当たり前、エアバッグレスに始まり、助手席サンバイザー、トランクオープナー、トランクボード、アシストグリップなどをレス化。

【関連記事】異常な旧車の中古価格高騰! ブームに乗って暗躍する「怪しいブローカー」の存在

2代目インプレッサWRX STiタイプRA スペックCのインテリア画像はこちら

 アシストグリップについては、なんと取付用のボルト穴まで排除したことで、後付けすらできないという硬派な仕様になっていた。インプレッサWRX STiスペックC画像はこちら

 こうした並々ならぬ努力により、車重は17インチ仕様で1310kgとベースのWRX STiと比べて-80kg、16インチ仕様ではなんと1290kgと140kgもの軽量化を果たした。これにより戦闘力は大幅に向上し、ライバルを寄せ付けない速さを見せつけた。2代目インプレッサWRX STiタイプRA スペックCのホイール画像はこちら とはいえ、完全に競技用と割り切った仕様のため、オープナーすらないトランクにはボードがなく、そのまま荷物が乗らない。2代目インプレッサWRX STiタイプRA スペックCのトランク画像はこちら

 友人を乗せようにもエアコンがないという日常的に使うにはあまりにも不便すぎる仕様だが、その速さが欲しいために普段使いをするツワモノユーザーもいた。

まとめ:ここまでストイックな仕様は二度と出てこない

 さすがに現代では競技向けとはいえ、ナンバー取得可能な公道走行可能車として、安全性をないがしろにしてまでの軽量化は難しく、ここまでストイックなモデルは今後登場することはないだろう。しかし、VAB型WRX STIに設定されたタイプRA-Rのように、その軽量化技術はいまでも活かされているのだ。

noteで書く

画像ギャラリー