まさに常識破り! 今人気のポルシェ911「無法者」カスタムって何? (1/2ページ)

まさに常識破り! 今人気のポルシェ911「無法者」カスタムって何?

今やポルシェ本社も一目置く重要人物、マグナス・ウォーカー

 ここ10年来、ポルシェの世界でポピュラーな「アーバン・アウトロー・スタイル」というジャンルをご存じだろうか? 今回は世界的なポルシェコレクターであり、自らを「Urban Outlaw(都会の無法者)」と称する男、マグナス・ウォーカー(Magnus Walker)に迫ってみよう。

イギリスから渡米して成功したアメリカンドリームの体現者

 ドレッドヘアにタトゥーだらけの腕、彼は「ポルシェコレクター」というステレオタイプからは程遠い人物像だ。自らを「アーバン・アウトロー」と称し、彼の乗るポルシェに影響を受けた多くの人によって、「アーバン・アウトロー・スタイル」なるジャンルが確立されている。

 マグナス・ウォーカーはイギリス中部の工業都市シェフィールドで1967年7月に生まれた。1977年に父親と見に行ったロンドンの「アールズコート・モーターショー」で初めて「ポルシェ911」と出会う。これが彼の人生を大きく左右する分岐点となった。

「白いボディに赤と青いストライプが入ったマルティニ・ターボだった。そのクルマを見てすぐにわかったよ。“これが俺のドリームカーだ!”ってね」

 当時のシェフィールドで自動車といえば、ピックアップトラックか、農業用のトラクター、バスやタクシーなどの旅客業務用の車両しか考えられなかった。そんな環境で育った当時10歳のマグナスにとって、流線型のスポーツカーはまさに異色の存在。一瞬で心奪われてしまったのは想像にかたくない。

【関連記事】フルノーマルの中古車は超高額で手に入らない! ならば中古チューニングカーは買っても大丈夫!?

19歳でイギリスからロサンゼルスに移住したマグナス・ウォーカー画像はこちら

 その後イギリスでの将来に見切りをつけたマグナスは、1986年にアメリカに渡るとそのままロサンゼルスに住むようになり、19歳のときにベニスビーチで古着屋をスタート。マグナス流に加工した古着は飛ぶように売れ、その後「シリアスクロージング」という自身のファッションブランドを立ち上げて、大成功を収めることとなる。

 また彼が住んでいた建物が映画関係者の目にとまり、これを貸すことで映画ロケーション誘致など不動産業でも大成功。絵に描いたようなアメリカンドリームを手にいれたマグナスは、そんなサクセスストーリーの途上である25歳で、初めてポルシェ911を購入している。現在でも「最高の買い物だった」という最初のポルシェは、7500ドルだったそうだ。

ロサンゼルスのダウンタウンにマグナスのガレージはある画像はこちら

世界有数のポルシェコレクターかつカスタム作家に

 その後何十年もかけて、マグナスのポルシェコレクションは増えていき、現在LAのダウンタウンにある彼のガレージには、40台を超えるポルシェ911が整然と並んでいる。

 それでは「アーバン・アウトロー・スタイル」とはどんなものなのだろうか? じつはまったく定義が存在しないのだ。ただしマグナスが50歳の誕生日に出版した自伝「アーバン・アウトロー」のなかで、彼が考えるアーバン・アウトローの3つの法則を記している。

マグナスのガレージには40台以上のポルシェ911が収まる画像はこちら

■第一の法則

「一日一回、自分自身と向き合うレースに挑め」

■第二の法則

「よいと思ったら、なるべくシンプルに行動を起こせ」

■第三の法則

「あなたの情熱を理解できる人とビジネスをせよ」

 そしてマグナスはこうも語っている。「もしあなたがルールや慣習に左右されない人間であるなら、なんでも可能だ」

数年前に出たマグナスの著書「アーバン・アウトロー」もアメリカではベストセラーに画像はこちら