クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • バラエティ番組で見かける「黄色いクルマ」は一体ナニ? レトロかわいい「フィガロ」の色褪せない魅力とは
CLASSIC
share:

バラエティ番組で見かける「黄色いクルマ」は一体ナニ? レトロかわいい「フィガロ」の色褪せない魅力とは

投稿日:

TEXT: 土田康弘  PHOTO: G・B・Tサービス/日産自動車/Auto Messe Web編集部

  • 黄色いフィガロ

  • フィガロ(内装)
  • 日産パイクカー3台
  • フィガロ(リヤ)
  • フィガロ(フロント)
  • 黄色いフィガロ(車載)
  • 黄色いフィガロ
  • スイフトスポーツ(チャンピオンイエロー)
  • ミラジーノ

日産のパイクカーシリーズで人気を博したフィガロを振り返る

 日産のパイクカーをご存じだろうか? 1987年登場のBe-1(ビーワン)に始まり、パオ、そして今回の主役であるフィガロ(1991年デビュー)と、当時の自動車シーンを彩ったレトロなデザインをまとったシリーズだ。なかでも長く人気を保ち、海外でもその評価を高めたのがフィガロだった。そんなフィガロが現代に蘇った。日産パイクカー3台

フィガロが人気グルメ番組に登場した経緯とは

 登場するのは日本全国をクルマで走りグルメを探すTV番組のなかでのこと。黄色いボディのフィガロが走る姿を見たことがある読者もいるのではないだろうか? 懐かしく思う世代、新鮮に感じる世代と見る年代でさまざまな反応を示すだろうが、今でも美しく魅力的なスタイリングを持つフィガロ。その全貌に迫ってみた。黄色いフィガロ(車載)

 番組に登場するフィガロをレストア&カスタムしたのは愛知県にあるG・B・Tサービス。同社は自動車修理や板金塗装、中古車販売を行っている。代表の加藤さんにフィガロ製作の経緯をうかがった。

「古いクルマが好きできれいに直して乗れる状態にするのが好きなんです。フィガロなどの日産のパイクカーは、丸目であったりメッキパーツなどがかわいいんです。またオープンモデルであることもあり、気に入って手に入れてコツコツきれいに仕上げました」

 そんなフィガロをレストアし、さらに黄色にオールペンするなどしてカスタムした状態で販売するべく中古車情報誌に掲載していたところ、テレビ局から話があり、めでたく番組に“出演”することになったのがことの顛末だった。

いま注目のフィガロとはどんなクルマだったのか!?

 ここで、あらためてフィガロを紹介しておこう。同車は1991年~1992年頃に掛けて販売されていた日産のパイクカーで、初代マーチ(K10型)をベースにレトロな内外装を備えているのが特徴だ。日産のパイクカーは従来のラインアップとは別路線の、レトロでちょっと尖ったデザインを持つシリーズとして当時人気を博した。初代のBe-1以来、数々の名車が世に送り出され、今も旧車市場では密かな人気を保つシリーズとなっている。フィガロ(フロント)

 フィガロの特徴は丸みを帯びたボディフォルム。メッキベゼルを持つ丸型ヘッドライトや楕円形のグリル、さらにはメッキのバンパーなど、’90年代にはすでに絶滅していたレトロなフォルムを全身に施したのが狙いのクルマだった。さらにオープントップを備えるなど、ベースのマーチが日常の足を徹底したのとは対極をなす非日常的なフィーリングを大切にしたクルマだった。フィガロ(リヤ)

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS