オールディーズなVWとジュークボックスの宝箱! 横浜・本牧の新スポット「FLAT4」とは (1/2ページ)

オールディーズなVWとジュークボックスの宝箱! 横浜・本牧の新スポット「FLAT4」とは

この記事をまとめると

  • クラシック・フォルクスワーゲンの老舗「FLAT4」が横浜に移転
  • VWの車両やパーツだけでなくアパレルやグッズも多数あり
  • ヴィンテージなジュークボックスを見学するのも楽しい

クラシック・フォルクスワーゲンの老舗が目黒から横浜に移転

 今年で創業45年を数えるクラシック・フォルクスワーゲンの老舗ショップ「FLAT4(フラットフォー)」。空冷時代のVWの車両販売、メンテナンス、カスタマイズだけでなく、ハイクオリティなパーツの供給も手がけており、オリジナルのアイテムも数多く企画・販売している。日本全国はおろか全世界のVWオーナーたちから信頼を集めている。

 そんなFLAT4は長年にわたり東京・目黒で営業してきたが、2021年11月27日に横浜・本牧へ移転してグランドオープンした。

カリフォルニアの雰囲気たっぷりの新店舗

 日本で一番アメリカン・カルチャーを感じさせる街、横浜。その本牧通り沿い、新本牧公園のすぐ脇にオープンした「FLAT4」は、大きな「VOLKSWAGEN」のサインが目印。裏に広い駐車場を備えていて、カリフォルニアのカーショップのような雰囲気だ。

【関連記事】アバルト史上最高の美しさに異論なし! 速さも圧巻だった「アバルトOT1300」という名の宝石

横浜・本牧に移転したFLAT4画像はこちら

 駐車場からは1階の販売車両展示スペースにつながり、グッドコンディションに仕上げられたクラシックVWたちがズラリと並んでいる。撮影時には1966年式「タイプ3・スクエアバック」と1954年式「タイプ2パネルバン」、さらに1955年式と1957年式の「タイプ1」、すなわちビートルがいた。

グッドコンディションの販売車両VWたち画像はこちら

 通りに面したショーウィンドウのスペースには、かつてアメリカのドラッグレース・シーンで活躍したレースカー「Inch Pincher Too!」と「Inch Pincher III」を復刻したマシンが鎮座。クラシックVWのパフォーマンスを追求したカスタムの、ひとつの完成形ともいえる逸品なのだ。

貴重なドラッグレースVWも展示されている画像はこちら

マニアックなパーツからかわいいVWグッズまで幅広い

 2階のショップスペースに足を踏み入れると、クラシックVW用のエンジン、ホイールをはじめとした各種パーツ、アクセサリーが広い空間に展示・販売されている。Tシャツなどのアパレルや、ステッカー、マグカップといった雑貨も数多くラインアップしているので、気に入ったグッズをお土産にするのもいいだろう。

VW用パーツからアパレルまでバラエティ豊富画像はこちら

 非売品として、当時物の貴重なヴィンテージ・パーツも展示されている。クラシックVWの世界が時をこえて凝縮されて、ちょっとしたミュージアムのような趣きとなっているため、マニアならずとも楽しめるはずだ。

歴史的なヴィンテージ・パーツも非売品だが展示されている画像はこちら

 ショップの一角にはゆったりした休憩スペースもあり、コーラやコーヒーを飲むことも可能。横浜へドライブや散歩に行ったついでに、気軽に立ち寄るスポットとしてオススメできる。

休憩スペースもある画像はこちら

画像ギャラリー