早朝の「フロントウインドウの凍結」お湯をかけるのは絶対NG! その理由とは? (1/2ページ)

noteで書く
早朝の「フロントウインドウの凍結」お湯をかけるのは絶対NG! その理由とは?

この記事をまとめると

  • 冬の朝にありがちなクルマのフロントガラスの凍結 
  • 前方視認を取り戻す作業時間は出かける前の落ち着きを奪いかねない 
  • 素早い解氷や氷結を抑える方策などを紹介

すばやく視界確保は「解氷剤」

 もっとも手軽でメジャーなのは、カー用品店などで売っている解氷剤。雪が積もっていたり外気温が異様に寒いときは別として、ごく一般的な凍結であれば1分ほどで解かすことができるだろう。金額も安いモノなら500円を切っているし、冬の朝が氷点下になる地域で暮らす人は、トランクに常備しておけば安心だと思われる。解氷剤

 併せて使いたいのが凍結を強制的に削ぎ落とすスクレーパー。表面の雪や氷が分厚いときは最初にある程度まで剥がしてから、解氷剤をスプレーすれば時間は短縮できるし使用量の節約も可能だ。スクレーパー

 何も持っていなければ気長にデフロスターを使うしかない。室内から温風をフロントウインドウに当てるだけとカンタンだが、とにかく時間がかかるしエンジンをかけっ放しにしておくのは、アイドリングストップが声高に叫ばれる時代に逆行するし、寒いからといってクルマを離れれば盗難の可能性も増す。アイドリング

 ちなみに昔から絶対にNGと言われているのが、フロントウインドウに直でお湯をかける方法だ。駐車場が自宅なら非常にカンタンで効果的に思うかもしれないが、急激な温度差が原因でガラスが割れてしまう危険性が高い。その原理はこうだ。どんな物質も高温になると体積は大きく、逆に低温になると収縮し堆積は小さくなる。つまり凍ったガラスにお湯をかけると熱で膨張しようとする力、そして冷たい外気温のせいで収縮する力が同時に働いて、ガラスが割れたりヒビが入ったりするというワケだ。ガラス破損

 ただしお湯を溢れる心配がない厚手のビニール袋に入れ、フロントウインドウを撫でるような方法で急激な温度差を与えなければ大丈夫という手もあるが、念のため細心の注意が必要だ。

noteで書く

画像ギャラリー